[432]

BBS
鉄道解析ごっこ
mailto:
旧
新
Diary INDEX
Geo日記
雑談
Geo雑談
サイト内検索
内検索
戻る
LIST
主目次

エアー消費激甚で車体傾斜式量産断念:JR四国
転覆台湾特急の非常制動トラブル原因かも

:東洋経済新報"https://toyokeizai.net/articles/-/267482?page=2"
JR四国特急、「振子式」脱却阻んだ過酷なカーブ
:最近の主流「車体傾斜式」には限界があった
 JR四国が開発中だった車体傾斜式ディーゼル特急車2600型が試験運用の結果、急カーブの連続する土讃線にはエアーの消費量が多すぎて使えず、本格採用を断念、従前の振り子式の2700型で増備するという報道に接して、「台湾の転覆特急車に状況が酷似」と感じた。

 エアー不足解消にはもっと大容量のコンプレッサーを装備する途もあり、かっての特急車が座席スペースを潰してMGを搭載していたりという前例があって、技術的には改善不可能という訳ではないが、2連〜3連で短編成単位のJR四国では座席減は回避したく、現行の自然振り子式踏襲を決めたのだろう。 電車よりディーゼル車が重い分、車体傾斜のエアー消費は大きくなり電車並みでは賄い切れなかった。

 JR四国には会社発足直後に新製した電車特急車両として8000型、ディーゼル特急車両として2000型があって、それぞれ制御付き振り子台車を採用していた。 その更新時期を迎えて2014年に構造の簡単な車体傾斜式台車を採用した8600型電車を採用したが、エアー消費が予想以上に激しくて2015年から改良型で量産、ディーゼル車も同様車体傾斜式台車の2600型を2017年に量産先行として運行しデータ採取したが、急カーブの連続する土讃線ではエアー不足を生じて走れないことが判明して、2000型の更新車としては振り子式に戻した2700型で増備することを今年2019年1月に決定した。
 因みにJR東日本の中央線振り子式特急車E351型の更新車に車体傾斜式のE353型を導入したが、やはりエアー不足を生じて搭載コンプレッサー数を増やして解決している。 中央線には土讃線ほどの連続葛折りカーブはないから8600型同様にコンプレッサー増力で収まったのだろう
 カーブが少ないと時短効果はごく少なくなり、多すぎると走れないというのでは、車体傾斜式が適する路線は限られてしまい、急カーブ連続路線は当面振り子式で行くほかないということだろうか。 中央線が振り子式で効果が少なかったのは効果の大きい曲線部が少ないからか?
 JR四国が増備を止めた車体傾斜式量産先行車両2600型はカーブ密度の少ない高徳線で「うずしお」として運用とのこと。JR四国の車体傾斜式2700型は、全員着席を前提に許容横Gを増やして0.08G→0.1Gとしていて、「許容不足カント」を振り子式と同じ値にして同じ最高速度を規定していた。

許容不足カント」とは、実カントを平衡カントより少なく出来る量であり、列車毎に制定されて、外向けの横Gを生ずる。
(これとは微妙に違う「カント不足量」というのは、各列車の平衡カントと、本則により決定される2乗平均根速度での平衡カントとの差を言い、許容不足カント以下に収める必要がある。 本則+αの高速線ではカントを限界値の105mmとして最高速度を出せるようにしている。
 さらに「カント不足の曲線」というのもあって紛らわしいが、これは基準値までのカントを付けられなかった曲線。 高速仕様:本則+αの福知山線事故現場は300Rカーブ手前の名神高速橋梁で十分な緩和曲線長を採れず、97mmカントに留まり、規定の105mmに達していないから「カント不足の曲線」と呼ばれる。
ちなみに、その制限速度は、許容不足カント(60mm〜70mm)を加えた平衡カントからの逆算で70km/h〜75km/hになるが、現場の速度制限標識は「70」となっていて、事故調の調査でも制定経過不明だった。 マイナス側なので直接の危険はないが、事故調としては「本則+α」の「α」を総てゼロとするJR東日本方式でのATS-P速度制限設定により1/3が誤設定だったことと併せて「規定違反」として敢えて指摘した模様)。
 JR他社では従前、許容不足カントを機関車列車50mm、一般列車60mm、高速列車70mm、振り子式で110mm、車体傾斜式車80mm〜90mmなどと定めていて「本則+α」のアルファの値が異なっていて車体傾斜式の方が振り子式より低速制限なのだが、JR四国8600/2600で両者110mmで振り子式と同じ規定というのは小エポックである。
 車体傾斜式が振り子式より車体傾斜が少ない分、横Gの増大(0.08G→0.1G)として顕れている。

 本則+α方式での速度制限値は、平衡カント(=実カント+許容不足カント)を基準にして、各曲線半径毎の平衡速度を制限速度として定義するもので、国鉄JRの慣行として5km/h単位で切り捨てて定義しているから、いくつかの「+α km/h」という一定値で制定されるものである。 最大実カント105mmに許容不足カント50mm〜110mmを加えた155mm、165mm、175mm、215mm(車体傾斜195mm等)を平衡カントとする速度が制限速度として決めらている。
 本則でのカントが全列車それぞれの速度の2乗平均根の速度で平衡する様定められているのに対して、高速列車に焦点を合わせる本則+α方式の制限速度規定では、まず最大許容カント(=在来線で105mm)を採用することで、本則方式より最高速度を上げている。 See→曲線制限速度計算:日記#433-Max

 車体傾斜式でのエアー消費量は、各カーブにカント制限一杯(在来線105mm)のカントを設定していれば車体傾斜に必要なエアー量はカーブ毎に同じだから、カーブ数に比例して消費して、これにエアー供給量が追いつかないと圧力低下して走れなくなる。 大容量エア・タンクは一時的なエア供給源であり、繰り返しのカーブで使い続ければ供給能力不足が顕在化する。
 またディーゼル車の様に車体重量が大きければ車体傾斜に必要なエア量は増えて、電車で限界だったものならディーゼルではエアを供給しきれなくて走れない。 2600型では分割併合で3両編成+2両編成を想定していて、3両に2台のエアコンプレッサーならエア供給が足りても、2両に1台のエアコンプレッサーでは供給しきれないとの判断の模様。 電車である8600でもエアー不足を生じていて量産時に改良が試みられたのだから、重いディーゼル車2600で厳しくなるのは必然だった。

 ここで台湾特急転覆事故直前の「走行性能不良」への疑問。 転覆原因は300R曲線過速度突入で福知山線尼崎事故2005/04/25をなぞっていることは疑いないが、その誘因としてのATP故障と誤認された現象の解明が必要。 後追い報道が途絶えてしまって現状がよく分からないが、台湾島の台北から東西を結び山がちの東海岸を走る山間線でカーブの多い中、最高速度140km/hの運行を車体傾斜式台車で行っていたのだから、速度の点ではJR四国より厳しい条件で、日本車両kkの設計で良く似た設定なのだから、急曲線が続く区間を車体傾斜走行すれば曲線突入毎にエアーを消費してやがてエアー不足に陥っていた可能性は強く、エアーの圧力不足に気付かず走り続ければ空気圧の下限に達して(繰り返しの)非常制動に見舞われる筈である。 エアー不足ではブレーキが効かなくなって事故になっており危険なので下限圧力を決めて停止させているのだ。
 電車の運転士は、先ずはキャブを有効にしてATS/ATC(=ATP)を働かせ、電圧を確認、空気圧、ブレーキ管空気圧、各種スイッチ位置などの確認をして、既定値に上がってから信号とダイヤに従って運転するのではないか? それが何故、エアー不足には気付かず、ATP故障と誤認して、規則に反して無断解放してしまい、遅れ回復の過速度運転に陥ってしまったのだろうか? 日本では、JR四国での8600型、2600型、JR東日本でのE353型とも運行中にエアーの供給不足はすぐに分かって、エアー不足に相応する運転で大きなトラブルには陥っていない。 1958年供用の初代ブルートレイン20系あさかぜなどから繰り返しているエアー不足でも、すぐに必要な対応が採られており、気付かずに事故に至った例はないのだ。
 エアー不足に気付いていたら、規定の空気圧への回復を待ってから発車し、空気圧が減ってきたら、車体傾斜動作を止めて、その低い制限速度で走りながら規定の空気圧への上昇を待てば良かった訳で、運転開始の基本である空気圧も見ずに、「ATPの故障」と誤認してしまったのは何故だろう? 運転室のモニターには「空気圧力低下」とか強制停止の理由も自動的には表示されないのだろうか? 日本車輌製というから、モニター装置など各所に動作記録が残っている可能性はあり、もしそうなら原因確定は容易いはず。 乗務員に対する必要な教育は十分行われていたのだろうか?


車載拡声器配線ブロック化は有効  <2>

 4年に一度の統一地方選挙で車載拡声器セットに総動員が掛かる状態だが、20年〜30年の年季ものまで未だに現役だから、経年故障がちなのを勝手連支援方式で整備して騙しだまし使うことになる。 ところが、選挙本番では宣伝カーのスペアーが認められないから、短時間で機能回復できるよう車載拡声器コンポーネントの載せ替えで対処する。 竹藪に2億円を捨てても何てことない金満政党なら総て業者任せでレンタルなどで故障の少ない新品を使えば良いのだが、 万年金欠党では、諸機材準備の時期には専従活動家の給料の遅配・欠配が常態だったこともあるそうで、 その間、かみさんの給料で暮らすしかない、かみさんが役人か看護婦じゃないと暮らせないとか、中條百合子さん(ちゅうじょう・ゆりこさん)をパトロンに出来る甲斐性がないと活動できない(=宮本賢治委員長などw)とか散々の言われ様。 カンパを渡しながらも「究極の道楽者:常任革命家」をからかったものである。 そんな訳で、一部販社が故障修理に極めて非協力的で買い換えばかり求めたりして、メーカー修理対応期間を過ぎたポンコツでも騙しだまし使うことになるから、技術者である活動家が多い三多摩で、労働者後援会・勝手連での裏方支援で事前のメンテ作業が広がったこともある。製造会社へ直接相談し、修理パーツを求めたり回路図面を貰ったりしたことで、現在は各地代理店に補修パーツをストックするようになった。 拡声器など機材の整備などしても票を読むわけでは無し、活動日報で集約される評価対象の活動ではない余計な作業なのにくわえて、トラブル発生ともなると選挙優先で仕事中でも無理矢理に呼び出されて対応を迫られる大変間尺に合わない立場に陥るので、専従活動家の上層文系指導部には無能力を装うのがフツーであるが、労働者同士のルートだとお互いに仕事上の実力には見当がついて緊急の修理・整備に手を出さざるを得なくなるもの。 だが「中央から派遣の有名指導者」とやらが折角集まってくれた事前メンテ作業の人たちを「アンプなんて繋げば鳴るもの!重点課題の○○をやりなさいっ!」と解散させられてしまって厳重抗議を申し入れたことがあるが全く音沙汰無し・・・・・下部のやる気と自発性を削ぐこと著しいダメ幹部であるが、すぐに名前を見掛けなくなったので、似たようなトラブル続きで「任務分担変更」(=実質穏やかな左遷)でもあったのだろう。 後日に改めて集まって作業して、以後、「後援会の人たちの作業」として組織直接の指揮命令下にはないのを強調して失当な指示・命令をブロックできる様にしたが、案の定、そんな軽視されてる作業に人はなかなか集まらない(苦w。
 そんなポンコツを使うのだから、突発故障の頻度も大きくなっている。 非常理・不合理の塊であった大日本帝国陸軍でさえ各自の武器:38式歩兵銃の点検整備は徹底して教育訓練していたというのに、機材の扱いを全く無視だなんてとんでもない非科学的「指導」(といっても聞き流して従わないだけだったがw)。 ハンドマイクのように雨に濡らさない管理と清拭手入れの普及で故障が1/10〜1/20化した激効きノーハウなどもあるのだが・・・・・・・。
 そうした突然のトラブルに備えて、パワー部、ミキサー部、スピーカー、電源、配線、など各要素が独立で簡単に取り替えられるよう、要所に標準コネクタを定めてメーカー違いでもなるべく対応できるように準備を進めてきた。 寿命を考慮した定期交換も視野に、各党党首クラス用に準ずるマイクを新規購入、スピーチ用としては最悪特性だった「音楽用マイク」と置き換え始めてはいる。 選挙公示日の各党党首第一声のTV画像を見るとほとんどがスピーチ用の同じ機種だったりするのは街頭演説で使いやすい特性だから。 「大人気の○○さんと同じマイクを奮発したよ、頑張って!」とか言って舞台の役者を大いに乗せる機材として1〜2万円は高くはない。

 整備を終えて早速、3件のトラブル連絡。
 1件は市議氏専用セットで、3年前の新規設置以降は全く手を触れてないから当方の事前整備作業とは無関係だが、どうも過放電と長期無メンテ放置の接触不良の臭い。 デジタル・アンプの過放電警告灯に気付かず運行を続けてのトラブルの模様で、やや大型の充電器で一晩、たっぷり充電して貰って運行再開で取り敢えずは復旧。 150W出力のアンプに比べてやや充電不足、吹かし気味運転推奨のマニュアル・カードが必要なのだ。 暫くして、さらに動作不安定ありとして、ミキサーアンプを交換し解決。 バッテリーの過放電に加えて、3年無メンテ放置によるケーブルやマイクジャックの接触不良と思われ、時折のケーブルなどの接触部の清拭で概ね解消できるだろう。

 各自の専用使用品も接点清拭など定期点検をした方が良いのだろうが、メンテカード添付で現場の使用者に行って貰うのか、事務所に引き上げて点検するのか、方針決定が必要だ。 無整備のままではどうしても動作不安定に陥る。

 もう一件は、突然「ザラザラ」いう気になるノイズが出始めたということで、宣伝カーを持ち込んで貰った。 その音質として思い当たるのは、経年劣化した電解コンデンサーの漏れ電流増加や再化成ノイズで、暫く電圧を掛けて動作させると収まることもある(=半日〜1日電圧を掛けてから整備を始めた方がよい)ものだが、 内部アンプいずれかの 1).結合コンデンサーのリーク、2).出力抵抗劣化、3).ボリュームの劣化、程度だろう。近年は珍しくなった故障だが、年代物ゆえの遭遇。 ミゾレに変わりそうな冷たい長雨の中、動作試験を始めたが、前後2パワーアンプとも同じノイズが出ているので、故障箇所はパワーアンプ側ではなさそうで、ミキサーアンプ側のトラブルと見当を付け、 そのボリュームをゼロに絞ると収まるのでミキサーアンプ初段マイク・アンプ周辺の故障と判断して、 宣伝カーとしてはミキサーアンプ丸ごと+専用ケーブル交換で20分弱で復旧、放熱換気のスペーサーや型違いとなったケーブルを取付直してもらって40分で完工、出発した。 故障ミキサーアンプは事務所で別途修理してスペアー用として保管する。 イモ半田不良だらけだった機種であるから、起りやすい故障だった。 もし主アンプの故障でも、スピーカーコードはソケットでの接続だから交換は簡単。 電源も端子箱接続化ならドライバー一本で交換可能。コネクターだと差し替えるだけで良い。 全面ハンダ付け回避のコンポーネント化は適切だった。

 さらにもう一件は同様のバリバリ音トラブルだったが、原因は録音時不良で、拡声器アンプ側ではなかった。 ポンコツ機器は正常動作でもすぐ疑われてしまうのが難点。しかし一種、重量挙げ機器だから一旦正常動作すれば暫くは使えることが多い。 外付きのICレコーダー利用への切換で、テープ・プレーヤー時代より安定化してはいるのだが、扱いにまだ慣れていないのか?


加害者が被害者に「仕返し」の倒錯!
アマチュア無線障害に処罰付き禁止法必要  <3>

 早朝、日の出前の用事で玄関前の自転車を引き出すと、タイヤに空気が全く入っていない。 「また、やられた!」と思ってバルブを見ると一杯に緩められて取れる寸前になっている。 あわててバルブとタイヤとブレーキを点検して、空気を入れて出掛けたのだが、ブレーキの効きも不安定で、隣家アマチュア無線局長の陰湿で理性を欠く激しい敵意だけが見えて不愉快だった。 嫌がらせ再発の引き金になる事件は、隣家留守中にブレーキとアクセルの踏み間違いによる暴走車が飛び込んできて家屋隅の1階駐車場を構成させるための主要柱に激突・破損湾曲したのを勤め先に連絡して現場検証に立ち会えるようにしたことだけ。 家屋隅のピロティー構成柱を損傷すると家全体が転けかねない超重要柱である。 ブレーキ音と激しい衝突音で玄関を出てみると、ホイルスピンの猛烈な煙が立ちこめて視界を遮るほど酷く、家屋突入後のバックでも暴走してグリーンベルトのガードパイプを数スパンにわたり引き抜いていたが、何人か居た通行人たちは僅か数mの差で巻き込まれずに済み、驚いて我が玄関テラス前に飛び込んできていた。 怨まれる筋合いは全くないのだが、アマチュア無線局長氏にとって「仇敵」に助けられるのは耐えがたいことの様で、逆に異様な無視が続いていて、何かの逆恨み仕返しが起こりかねない雰囲気は感じられていた。 逆に連絡せず放置して現場検証に立ち会えず事故加害者が分からなくなっていたら、それもまた恨みの対象で「仕返し」を呼んでいただろう。マコトに鬱陶しい隣人である。 普段は空気バルブの密閉が良くて、半年に一度程度エアーを注ぎ足せば足りていて、たまたま全部抜けるなど有り得ないことである。タイヤも摩耗でつい先日、丸ごと交換したばかり。
Date:2019/02/23  < MIXED 千葉県 >
総通公表→局データ検索(局長名は無入力で検索要∵匿名公表)


H
R
Call Sign ADRS Power
[W]
St Status
1 377 *JA1BWA船橋市 500 2
2 368 *JA1AAT千葉市中央区 100 1 10W?
3 364 *JA1ELY成田市 1000 2
4 363 *JA1FNA佐倉市 200 2
5 362 *JA1DUH市川市 1000 2
6 357 *JA1AFF銚子市 500 2
7 355 JA1MIN船橋市 500 2
8 354 *JA1CNM四街道市 1000 2
8 354 *JF1PUW千葉市緑区 1000 3
8 354 *JF1SEK野田市 1000 2
11 353 *JR1XISいすみ市 1000 2
12 352 *JA1NAQ柏市 500 1
12 352 *JH1TWT野田市 1000 2
14 351 *JH1IED千葉市緑区 500 2
14 351 *JM1TWR我孫子市 1000 2
16 350 *JA1CQK成田市 1000 1
16 350 *JG1WNO千葉市花見川区 200 2 50W&200W
16 350 *JH1DSFいすみ市 1000 2
19 349 *JA1XPQ千葉市中央区 1000 1 Up(346→)
19 349 *JG1ULJ千葉市緑区 1000 2
19 349 *JH1QDB館山市 1000 3
19 349 *JM1CYJ流山市 200 1
23 348 *JA1XQC船橋市 1000 2
24 347 *JA1DJO船橋市 200 2
24 347 *JA1PMN匝瑳市 100 1
24 347 *JA1PUK白井市 100 2
24 347 *JA1QVR茂原市 1000 2
24 347 *JA1XRA南房総市 1000 3
29 346 *JA1XEL市原市 1000 2
29 346 *JM1LPN君津市 1000 2
31 344 JF1PJK大網白里市 1000 2
31 344 *JS1NDM野田市 1000 2
33 343 *JH1OGT浦安市 200 3
33 343 JL1EEE白井市 100 1
33 343 *JM1HXU我孫子市 1000 2
36 342 JA1DDH君津市 1000 1
36 342 *JF1IRW成田市 1000 2
36 342 *JK1KRS富里市 1000 2
36 342 *JR1GJP千葉市緑区 1000 2
40 341 *JJ1PLS香取郡神崎町 1000 2
40 341 *JQ1EST佐倉市 200 2
42 340 *JA1JMF佐倉市 100 2
43 339 JA1KNS柏市 100 2
43 339 JA1SNA千葉市稲毛区 100 1
43 339 *JH1ILX市原市 1000 1
43 339 JH1OWW野田市 100 2
47 338 JK1ALI千葉市花見川区 1000 3
47 338 *JL1OXH野田市 1000 2
47 338 JR1BVU松戸市 500 1
50 337 JF1CZQ成田市 1000 1
50 337 *JL1EDB柏市 100 2
50 337 JR1EFG佐倉市 100 1
53 336 JA1WAE野田市 200 2
53 336 JF1TEU船橋市 100 2
53 336 JH1MQC船橋市 100 2
53 336 JJ1LWA八街市 1000 2
57 334 *7L3LNF館山市 200 1
57 334 *JL1VWL野田市 200 2
59 333 JG1TSF千葉市稲毛区 200 1
60 332 JS1DLC佐倉市 200 1
61 331 JA1UTZ鎌ケ谷市 200 2
62 330 JP1AEG市川市 200 2
63 329 JA1IXY南房総市 1000 2
64 328 JA1XZF印西市 200 1
65 327 JG1LBN市川市 100 1
65 327 JI1MTM船橋市 10 1
65 327 JO1UAL市原市 200 1
65 327 JP1SRG夷隅郡御宿町 200 1
69 324 JA1JWP船橋市 1000 1
70 323 JA1NGM浦安市 500 1
71 320 7K3QPL印西市 200 2
72 318 JG1LRE銚子市 1000 2
73 314 JA1NCZ富津市 1000 3 New
73 314 JI1LAT山武市 500 2
75 312 JA1BFN千葉市若葉区 100 2
76 309 JA1QZC千葉市稲毛区 200 1
77 307 7N2DAB市川市 50 1
78 306 JN1BBZ南房総市 200 1
79 304 JJ1VRO佐倉市 100 2
80 303 JA1AYO松戸市 500 2
80 303 JH1CTQ千葉市緑区 200 2
82 302 JA1NKA我孫子市 50 1
83 301 JA1NPD成田市 200 2
84 300 JE1BMJ佐倉市 1000 2 Up(295→)
84 300 JH1XUZ柏市 200 2
86 298 JA1PCM千葉市稲毛区 100 2
87 284 JA1FVS柏市 200 1 Up(283→)
88 281 JH1SOD長生郡長南町 200 2
88 281 JH1WLY夷隅郡御宿町 200 2
90 280 JF1IML印旛郡栄町 100 1
91 278 JA1GVM印西市 200 2 Up(274→)
92 274 JA1FBD佐倉市 500 2
93 269 JA1CPU白井市 200 2 Up(255→)
94 261 JR1WYW成田市 1000 2
95 255 JA1COW佐倉市 1000 2
95 255 JQ1MEE印旛郡栄町 100 1
97 254 JH1ERJ佐倉市 200 2 Up(184→)
98 253 JI1SAI流山市 200 2
99 252 JE1NHF白井市 200 2
100 251 JA1MUZ習志野市 200 1
100 251 JF1QQK浦安市 200 1
102 250 JE1WBA市原市 100 1 Up(246→)
103 249 JG1INC松戸市 500 1
104 245 JF1FSW鎌ケ谷市 200 1
105 233 7K3OWM成田市 100 1
106 231 7K1EQG柏市 100 2
107 229 JA1TTW佐倉市 200 2
108 227 JK1PWQ柏市 100 2 Up(169→)
109 225 JE1CQT市原市 500 2
110 222 JL1KFR長生郡長南町 200 2
111 215 JI1OWY四街道市 200 1
112 212 JH1CTV印西市 200 1
113 207 JA1WLO船橋市 1000 2
114 206 7K3CKK市川市 100 1
115 198 JP1GLV長生郡睦沢町 50 1
116 193 JH1STL佐倉市 1000 2
117 185 7K4OIV勝浦市 200 1
118 179 JE1XXT千葉市美浜区 100 2
119 177 JL1ALE長生郡長生村 1000 2
119 177 JS1BKR柏市 200 2
121 176 JS1CJD君津市 100 1
122 175 JK1AXM船橋市 100 2 Up(161→)
123 171 JA1AKR千葉市若葉区 200 2
123 171 JA1PVI松戸市 200 2
125 170 JP1EVN柏市 10 1
126 164 JL1FUQ館山市 1000 2
127 163 JG1BBP千葉市稲毛区 100 1
127 163 JK1JHB千葉市稲毛区 100 1
129 159 JM1KVW船橋市 1000 2
130 149 JA1FY千葉市花見川区 500 3
130 149 JK1PEC野田市 200 1
132 143 7L1TTH船橋市 200 2
133 142 7K2CWZ香取郡多古町 200 2 Up(130→)
134 138 7K1VKU松戸市 50 1
135 137 JJ1TJD船橋市 100 2
136 131 JI1DLZ松戸市 500 2
137 130 JA1ILA市川市 200 1
138 129 JM1MQG長生郡睦沢町 10 1
139 123 JS1MRA佐倉市 1000 1
140 121 7J1YAD船橋市 50 1
141 120 JA1ATB木更津市 1000 1
141 120 JA1CWD鎌ケ谷市 100 1
141 120 JA1KYG茂原市 100 1
141 120 JE1WYC船橋市 50 1
145 119 7L1JHN茂原市 200 1
146 118 JF1LXO流山市 1000 2
146 118 JF1TBK船橋市 20 1
148 116 JG1KYL千葉市中央区 200 2
149 114 JH1EFE勝浦市 200 1 New
150 113 JA1BUB印西市 100 1
151 112 7M1MCY流山市 200 2
151 112 JI1RNB松戸市 50 1
151 112 JJ1PLA松戸市 100 1
154 111 7K1SLY習志野市 100 2
155 109 JN1CJS銚子市 100 2
156 108 JK1IQK千葉市花見川区 1000 2
157 104 JP1ITN浦安市 100 3
158 103 JN1SDN八千代市 100 1
159 102 JA1GFB佐倉市 100 2
159 102 JL1JJD松戸市 100 2
159 102 JM1SMF千葉市花見川区 50 1
162 101 JA1OQJ匝瑳市 100 2
162 101 JF1CKO浦安市 100 2
162 101 JH1KMC我孫子市 100 2
162 101 JJ1XQU鎌ケ谷市 50 1
166 100 JA1VZO市川市 100 1
166 100 JG1RZH流山市 100 1
166 100 JH1WHZ柏市 50 1
166 100 JO1UOE千葉市緑区 50 1
166 100 JP1SWZ千葉市緑区 50 1
以上170局.固定局、移動局(50W)2種以上を持っている局が多いが、オーバーは免許期限過ぎ失効局か?
http://www.geocities.jp/jh7wnv_main/DXCCRank
/DXCC_Ranking_MIXED_12_Chiba.html

 隣人アマチュア無線局長氏は大電力無線送信による激しい近隣妨害への当然のクレームに怒り狂って、「『年取ったら絶対仕返ししてやる!』と思っていたら充分仕返しする前に死なれてしまって俺の腹の虫が治まらない!どうしてくれる!」と逆ギレして、近隣妨害運用の正当性を言い募った無法者局で、総通からの重なる指導を無視しての暴挙。
 先住者が6週間も入院し2ヶ月以上寝込んだ、ミゾレ降る極寒に全暖房を取り上げての放置が、たまたまの配慮不足ではなく、アマチュア無線局長による命に関わりかねない不当な仕返しだったことが2011年2月のこの逆ギレで分かったのだが、それ以降の一月余の間に、自転車のタイヤのバルブを緩めて空気を抜いたり、遠くの団地などに捨てたり、自転車前後のブレーキを一杯に緩めて効かなくした危険な嫌がらせが集中して、こちらは警察への被害届と共に、「検挙されても示談には絶対応じない。重い刑事罰を求める」と申し入れて、総通(旧電波監理局)の警告を得たことで暫く停まったのだった。 永年、ツアー車が愛用で、走り出す前にブレーキを握って有効を確かめてから走り出すのが習慣化していてすぐ異常に気づき、運良く無事で助かったが、無点検で乗り出すカミさんだったら命に関わりかねない事故になった可能性がある。

鉄塔高約12.5m+アンテナ1

激甚障害は長波長で逆Lアンテナ化か?

これは堪らない!
CW混入

鉄塔+換装アンテナ2
切断痕
敵意露わの切断痕:拡声器配線
@玄関前2013/11/04撮影


 しかし、続く激しい妨害はSSB交信。(2013/06:See→日記#339-4、 再度の激しい妨害はモールス打鍵キーの調整不良で、エジソン時代の音響箱のような猛烈な音を振りまいて強行運用を続けた。 (2015/04:See→日記#373-2。 さらに4度目の集中的妨害が始まって「抗議によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した。(傷害罪だから)妨害があっても一切抗議するな。」といって強行運用するのである。(2018/01:See→日記#417-4→日記#422-2)、
 PTSDは被害を自分では止められない被災・被害側が陥るものなのに、好き勝手に仕掛けられる加害側がPTSD発症など有り得ないことで、現に被害抗議が予測される中で平気で大出力妨害運用を繰り返していてPTSDなど影もないのだが、求められるままに、そんな診断を出す医者の方がおかしく、限りなく誤診に近い。 しかし刑事裁判上は「PTSDの診断がある」というだけで軍隊将棋式に絶対優位に立ってしまう。 警察、総通、裁判所などの公的機関を介しての苦情申し立てしか被害を防止する方法がなくなってしまったのである。

 真相は、不当違法な「仕返し」を常套とする自分自身の発想に自分で怯え、「自家用車に仕掛けられたら・・・・・・」などの妄想で自己消耗していって鬱症状に陥ったのではないか。 当方、人としての名誉にかけて、陰湿な破壊工作などしない。 被害妄想は無法な嫌がらせを繰り返して恥じない無線局長自身の卑しさの反映である。 卑しい加害者側からの理不尽な仕返しを制するには「報復合戦になって、こっそり愛車のブレーキが壊されているかもしれない!」という恐怖感を与えるしか無いのだろうか。

 これも総通からの2度目の警告で漸次妨害運用が減りおさまっていての突然の自転車バルブ抜き復活に、アマチュア無線運用状況(右表)を調べると、上位は多くを1000W局が占めていて、少数ある100W〜200W局も実際の出力はこっそりブースターを働かせての大出力局かもしれないと感じた。 どうも、DXCC(交信地域数認定競争@ARRL)の順位をTop10に上げられない不満を、妨害クレームのセイにしての鬱憤晴らしの嫌がらせにみえる。
 現実は、自宅ビデオ・フォンのハム交信誤動作対策にパッチンコア一つ填められない技術水準の自称「2アマ」が1kW局(=1級局)と交信数でトップを競っていることが基本的問題だろう。 自称2級アマチュア無線技士免許だというのに、自宅のヴィデオ・インタフォーンへの混入誤動作に全く手を打てない現状の技術水準で大出力運用などしたら、充分調整できずに近隣妨害だらけになってしまう。 電話級ハム時代に過電力運用で近隣妨害していた局が、2級アマになったらその出力制限(旧)50W〜200Wを守って運用していると考える方がお目出度いのだろう。 電話級での近隣妨害への抗議に対抗して2アマ免許を取って「合法」を主張して強行運用していた局だから、その伝で行くと「1アマ免許で『合法』」として近隣妨害放置で強行運用するつもりが、上位資格を取れず、腹いせに「命に関わる仕返し」を行ったものか?!
 無線局免許を超える大出力運用は現在放置状態で、違反が明らかになっても各種アワードを取り消すようなコンプライアンス重視の自浄作用は全くない無法者集団がアマチュア無線界になってしまっている。
 しかもせいぜい80m2の住宅敷地の隅に建てたアンテナは大きくはなく、短波長側には同調できても、無線局長氏が新たなアワードを目指すという1.8MHz、3.5MHz、7MHzは同調しきれないのではないか? 送信機側から見れば、ほぼ純抵抗負荷には調整できるが、電波を放射するアンテナから見たら、全く合ってないで、酷い場合は逆Lアンテナモードで、接地端が一般配電線とか、地上付近になって妨害を撒き散らしていても、ATU万能論教に陥っていたら全く手を出せない。

 歴史を辿れば小型送信機出力回路の準標準方式である「パイ・マッチ」も大昔のATU相当で、従前のリンク・コイルが固定式で最適調整困難なのに対して、ユーザーがバリコン(可変容量)を調整して広範なアンテナ特性にマッチできる万能装置としてアマチュア無線に広まったものだ。
 当時の「送信機」のテキストを覗けば、出力は空芯トランスによるリンク式ばかりで、パイマッチの回路計算など載っていなかったから、自力解析か、製作例のデッドコピーで出たとこ勝負での調整にならざるを得なかった。 しかし、それでは調整しきれなかったりスプリアス(不要輻射)を抑えきれない場合があって、別にアンテナ・カプラーを設置するのが標準化していた。
 しかし、それでも足りず、カプラーに代えてもう一段縦続接続する調整機構をATUとして売り出しているもので、回路的には既設パイマッチ回路に干渉無く縦続接続できる「Tマッチ」と呼ぶべきものが多い。(パイマッチ方式カプラーもある様だが調整の自由度がTマッチより少ない)。 ATU(=パイマッチ+Tマッチ)により調整自由度は増えるが、総てのアンテナにベストマッチするなど有り得ないのだ。そのことはATUの取扱説明書にも「電圧給電アンテナには使えない」等と明示しているはずだ。 See→アマチュア無線家の電波暴走族化が基本原因 :日記#351

 それなのに、加害者側の主観的思いとしては「トランシーバーからアンテナまで全部一流メーカー品を揃えて、ATUまで設置していて『インターフェアー』など出るはずがない。不当な言いがかりだ。」「現在の地位あるはアマチュア無線運用で英語に親しんだおかげ。それを否定するヤツは許さない」となっている模様。 Q符号も「英語」も勝手に使ったら良い。激甚近隣妨害を出すなと言ってるだけなのだが歪曲しての逆恨み。

 実際にはほとんど全部の家電製品がアマチュア無線混入の被害に遭っており、調整・整備中の車載拡声器10台余全部、オーディオアンプ4台全部、一部TV、電話機、インタフォーン等々である。
 加害無線局長とその家族たちから「安物ばかり買うから被害が出る」とも言われているので被害品のメーカーも触れておこう。 車載拡声器はUNI-PEX、のぼる電気、松下通信、TOAと皆有名ブランド。オーディオ・アンプはパイオニア、SONYとも。電話機はSharp(OEMで松下)、ビデオ・インタフォーンが両家とも松下、アナログTVでは松下、東芝、ビクター、三菱、・・・・・・・・要するにほとんど全部であり、一流メーカーばかりで、ことさらの安物買いなどない。韓国製品、中国製品、スター製組み立てキットでは更に画像にまで揺らぎが見られたものだ。

 「ATUさえ使えばインターフェアーは生じない」とは全く事実に反する狂信・邪教のテーゼ。 きちんと設営できなければ、大出力送信機ほど何処ででもインターフェアーだらけになるのが実態だ。 隣人無線局長のように、ペーパー試験だけで獲得した2級アマチュア無線技士免許だけでは送信機のまともな調整が出来ないのだから、近隣妨害抑制には、無線送信機設営と調整の実技試験を課すか、 せめて距離函数による制限と、処罰規定は設けるべきではないか。

 鉄道の自動列車停止装置に対しては変周式ATSを前提に既に総務省通達により距離函数による出力制限が行われている。 アマチュア無線の近隣出力規制もそれに倣えば良い。密集住宅地やアパート・マンションでは空中線出力は近隣妨害回避に抑制されるべきなのだ。 月間300件を超える交信とは、均して1日10件、調整不良状態では毎日100分以上は妨害が続くということだ。アマチュア無線家に調整不良設備の大電力で団らんの時に休みなく無線妨害を振りまかれたら周囲は堪ったものではない。

 それにも増して困るのが、隣人無線局長氏による命に関わる「仕返し」だ。 極寒のミゾレ降る中、家中のストーブを撤去してしまい入院42日間、床上げ2ヶ月に追い込む攻撃を初め、自転車の前後のブレーキを一杯に緩めて、気付かずに発進していたら事故という、命に関わる嫌がらせを繰り返して、全く反省が無いこと。 密集住宅地での大電力無線局運用で近隣妨害を出すのは明らかな不法行為。 その加害者が被害者に対して「仕返し」(当人談)する非常理は有り得ない。隣人が、こんなに酷い御仁だとは夢にも思わなかった! 警察では非常な短時日で釈放されてしまって効果が薄いから、もう玄関前に警告看板を出して
   .
  • ブレーキ壊すな!
  • タイヤの空気を抜くな
  • 自転車を勝手に捨てるな
  • 妨害電波を出すな!
     (各条項独立事象)
とアピールして、近隣住人たちの非難の目で仕返しを掣肘するしか手が無くなったのかもしれない。 被害のクレームを直接言えば医師の診断を盾に「PTSD患者に耐えがたいストレスを加える傷害犯人」と告訴される危険があるのだ。 狂気のアマチュア無線家というのは全く手に負えない猛獣である。


一触即発戦争状態回避の維持は
それなりの成果では?!  <4>

 トランプ・キム米朝会談については、1年あまり前は核兵器を持つもの同士が、お互いに悪罵の限りを尽くして、火の海にしてやる!だの、ロケットマン、ジジイ!などと罵り合って、まさに一触即発!いつ戦端が開かれても不思議ではない状況だったのが、にこやかに2度の会談をして、今後の話し合いの継続を約したのだから、最終妥結にはほど遠く、課題だらけではあっても、中間結果として大局的には「緊張緩和の維持」であり、成果とみるべきだろう。 共同声明など明文合意の無いことを以て「全面失敗である」かの一部マスコミ論調は失当である。


安倍疑惑(籠池裁判)隠しの
日産ゴーン保釈日程(w  <5>

 前々から決まっていた森友学園籠池裁判の日程に合わせてゴーン前日産会長保釈となって、オートバイやヘリコプターの撮影隊まで繰り出させて電波ジャック。 安倍政府・内閣の国有地不当処分疑惑隠しの籠池夫妻詐欺事件裁判報道を吹き飛ばしてしまった。 「同日」ではあまりに見え見えの安倍政権忖度シナリオではないか。

 森友学園への国有地超低額売却疑惑のスクープを連発しながら、安倍チャンネルNHKに報道を抑えられ、記者から外されてしまった相澤冬樹記者がNHKを退職して、最初の大仕事が森友取材と安倍政権忖度報道の顛末を著した「安倍官邸 vs NHK/森友事件をスクープした私が辞めた理由」を上梓(文藝春秋社2018/12/25刊)。 かなり売れて1月15日にはもう第3刷10万部を配本していて完全にベストセラー路線で、2月頃には多くの書店で店頭平積みになっている。 カミさんの「Book Offで買え!」という重なる制止を摺り抜けて新刊購入、結構面白くて全303ページを丸一日で読んでしまった。 安倍官邸と大阪維新の会:大阪府知事が絡んでいるのを、森友学園籠池夫妻の「詐欺事件」として目眩ましして蓋をしようという訳だ。
 記事を書く記者で居たくて、希望して現場に戻ってスクープ連発だった人:相澤氏から、安倍官邸への忖度で「天職」を奪ったら、何が何でも伏せておきたい顛末を暴露されるのは当然だろうに、安倍チャンネルNHKにはそういう必然を見る目がなくなっている。 NHK受信料は安倍晋三事務所に請求して貰おう。 安倍晋三らの要求に過剰反応しての慰安婦問題番組根本改ざんを始め、安倍チャンネル化の著しいNHKだから、一般国民には支払う理由がない!

2019/03/10 23:55

[Page Top↑] 旧
新
戻る
(A4版縦置き)