[447]

BBS
鉄道解析ごっこ
mailto:
旧
新
Diary INDEX
Geo日記
雑談
Geo雑談
サイト内検索
内検索
戻る
LIST
主目次

Si C 素子化で高効率化の理由は?

 電車のインバータ/コンバータの半導体スイッチング素子を、従前のSi(シリコン)基盤から、Si−C(シリコン・カーバイト:炭化ケイ素)に切り替えることで低損失・高効率化と装置の小型化が図れるという鉄道ニュースに、非常な説明不足を感じて、損失低下の真因をきちんと究明する必要があると思っていた。 主回路のスイッチング素子としてIGBTやサイリスターなどPN接合の電圧降下を使う限りは、半導体材質の相違では動作損失はあまり変わらないからである。 理想的なスイッチング素子なら、OFF状態で漏れ電流ゼロ、ON状態で電圧降下ゼロ、ONからOFFに切り替わる時間がゼロ、なのだが、現実の素子はいずれもゼロではないから動作損失を生ずるのだ。

 そういう問題意識を持ってニュースを見ていたところ、Si-C化は同時にFET(電界効果トランシスタ)化だと分かったので、主素子での電圧降下の減少=動作損失減少での小型化だと理解出来た。
 スイッチング素子の電力損失は、瞬時それぞれの Σi電圧降下×電流 であり、導通時とON−OFF遷移時に主に発生する。(耐圧を補う素子の直列接続での均圧抵抗も損失要素)。
従前のPN接合を利用する素子(=少数キャリア素子)では、電流値に依らずにその電圧降下:0.5V〜1V余が固定的な電力損失となっている。 初期の交流電気機関車の整流回路では、電圧損失がシリコン・ダイオード・ブリッジで6素子直列×4アーム:0.6V〜1V×12個=7.2V〜12V、水銀整流器のセンタータップ式で18V前後もあって、750V−2000kW出力なら主電流2,667Aにより整流器での電圧降下熱損失として19kW〜27kW、48kWを生じていたことになる。それが素子単体の高耐圧化で素子2個で済み、更にPN接合の電圧降下以下に出来るとなれば、損失は数kWに激減する。
 FET方式では素子特性が「制御電極付き可変抵抗」(=多数キャリア素子)なので、電流密度を下げることで電圧降下を小さく出来て、順方向損失を低減することができる。加えてシリコン単体よりSi-Cの方が導電率(∝熱伝導率)が大きいことと、機械構造として導電距離を少なくできる模様だ。
 シリコン半導体(Si)のPN接合の上限温度は150℃〜175℃が多いが、光駆動FETモジュールのシリコン・カーバイト(Si-C)の上限温度も150℃〜と大きくは変わっていない(もしかしてモジュールの制御部がまだSiであるための温度制限150℃かも?)。
 また、素子のスイッチング速度が速いとOFF遷移時の損失を小さく出来る。開発当初のサイリスターは電源整流(60Hz)動作だったモノが、Si-CのFETモジュールの試験周波数は15kHzとされていて非常な高速化が図られている。

 Si-Cが高効率というのは、半導体主素子部の動作損失が70%減の30%になるのが特徴で、FET採用による電圧降下の減少と、スイッチングの高速化によってもたらされたモノと理解される。

 なお、PWMインバータ方式や、チョッパー方式が、それまでの起動抵抗を用いる抵抗制御方式より効率が良いのは、ひとつは起動時の抵抗損失を無くした為で、瞬時的な電気エネルギーをインダクタンスや漂遊容量に蓄えることで損失の無い電圧・電流変換を行っている。 だが、子細に見ると高速走行の運動エネルギーの方が起動抵抗損より何倍も大きくて、それを停車時には熱にして捨てていて全体的な効率改善を小さなモノにした。もうひとつの省エネ要素が大幅な車両軽量化。全質量比例である。
 その大幅な改善策が「電力回生制動」で、私鉄では、起動は簡易な抵抗起動を採用、電力回生制動と界磁制御にチョッパー方式を使って効率改善を図っていた。国鉄末期新車に採用の界磁添加制御も、その改良型で、直巻界磁を別電源で励磁することで、実質分巻特性を得て、電力回生制動を行っている。インバータ方式でも同じ理由から電力回生制動採用が追求された。

【走行エネルギー比較の試算】

起動抵抗がゼロに出来る速度をV1:36km/h、最高運転速度をVm:108km/h、として、起動抵抗損失と比較してみる。V1時の運動エネルギーは (1/2)MV^2 だから、抵抗損はその 1/2 〜 。 モーターが与えた運動エネルギーとしては、速度の2乗比例だから、(Vm/V1)^2=(108/36)^2=9倍。 起動抵抗損はV1運動エネルギーの1/2以下だから、3・V1になる最高運転速度エネルギーの1/18以下に過ぎない。 初期の大電力半導体が非常に高価だったことと併せ、そこが、電力回生制動を優先させて、起動抵抗損を放置する理論的根拠となっている。


著名ユーチューバー●森氏、私的なオトリ捜査協力
注射器を準備し、薬物初犯者に職質を仕掛けて動画アップ!  <2>

これが歌舞伎町!一瞬でPM8人集まり徹底番掛け 2015/04/中旬●森氏撮影!
  5/3 U-tube公開 URL=https://www.youtube.com/watch?v=o9G-n2V4rUw
●森氏撮影、パトカー追走動画宣伝?アンテナ窃盗逮捕事実
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13139951803
「●森○○」に関する検索(U−tube:チャンネルPeroncyo)
●森○○ 暴走族
チャンネルゲート
セルシオ日記
クロさん twice
回転灯起立
警護車仕様
覆面アンテナ
channelgate
くろさん歌
ポータブル拡声器
hiro358
aki326
ばんかけ 逃走
 ●森氏は、自身のパトカーアンテナ窃盗逮捕勾留時に同房だった「後輩」薬物依存症患者を呼び出して車に乗せ新宿歌舞伎町に行った。2015/04中旬の頃である。 U-tubeでの逮捕映像取材のために、注射器を予め準備して、そこで覚醒剤入手を頼んで後輩からは断られ、職務質問を仕掛けて、「注射器は後輩のモノ」と訴えて陥れを謀り、その動画(右カコミ最上段)をU-tubeに公開した。閲覧数稼ぎに敢えて仕掛けて罪に填める「取材」である。

 薬物依存症というのは「治癒」がなくて、「薬物離脱」が指導・訓練され、一生薬物離脱で頑張り続けるモノで、アルコール依存症以上に依存が激しく、何年も長期に薬を断ってきたのに、摂取用具などを見せられて記憶がフラッシュバックすると、理性を越えて再び薬物に手を手を出してしまうことのある厄介な特性がある。
 ミュージシャンの田代まさし氏など薬物で4回も刑事処罰を受けて、更生すべく必死に働いていながらまたも逮捕されている。何が何でも「薬物関連物からの離脱」が必要な病気が薬物依存症で、重罰では実効的意味がほとんど無いのだ。

 但し、覚醒剤自体はかっては合法で、戦争中に兵士に処方して索敵・哨戒作業の集中力を増すために使うとか、特攻隊など飛行機乗りに興奮剤として処方していたし、戦後も市販薬として「疲労回復に『ヒロポン』」などとして売られていた。 皆に親しまれる良い歌をたくさん作っている作曲家の中村八大氏が激しい中毒症状が出るほど常用してしまい、作詞家でタレントの永六輔氏など友人たちが強制隔離するなど必死に薬物離脱させたが、体は酷く壊れていて若くして倒れ、長期療養中に心不全を起こして僅か享年61歳で亡くなってしまった。 (♪上を向いて歩こう♪、♪こんにちは赤ちゃん♪、♪遠くへ行きたい♪、♪明日があるさ♪、♪帰ろかな♪、♪夢であいましょう♪、♪おさななじみ♪、♪黒い花びら♪、♪黄昏のビギン♪、♪いつもの小道で♪、・・・・・・・・・・など今も広く歌われる良い歌が記憶に残っている)。 精神科医 軍医で文学の巨匠歌人斎藤茂吉 森鴎外 が息子たちの受験勉強に覚醒剤を処方したことも良く知られている。
 それが激しい依存性と副作用で「廃人化」することで使用・所持・販売を禁止したが、暴力団・裏社会の大きな収入源となって、重罰を以て厳しく取り締まるようになった歴史的経過=国家の一種の御都合主義がある。
 国家が重罰を定めた重大犯罪ということで、各国の歴史の相違で大きく異なり、アヘン戦争(A.D.1840〜1842)でアヘンの自由売買をイギリス、フランスに押し付けられた経験のある中国では国家人民を滅ぼす重大犯罪として断固死刑、 イスラム系やシンガポールなどもこの死刑系列。 西欧は更生快復を重視して薬物離脱指導中心に移行中で、 台湾は清国(中国)国内植民地扱いでイギリスなどの持ち込む大量のアヘン消費地とされていたものを、 日清戦争(A.D.1894〜1895)後の日本の占領統治50年間でアヘン使用者登録制を敷いて管理し、吸引者が人口260万人中20万人に及ぶという惨状から、児玉源太郎4代目総督の民政長官、後藤新平指導の下、徐々にアヘン摂取者を減らして昭和の初め頃からアヘン常用者がほとんど居なくなっていた。 清国も国民政府蒋介石政権も台湾を内国植民地扱いして酷く収奪しておきながら「中国は一国!」と台湾支配を言うは実に白々しい。 全島的には清国の支配下には無かった元々の台湾先住民として大陸政権とは違う独立政府を持つ権利は充分にある。イギリス植民地の地位からのアメリカ独立と同様構図の台湾独立承認である。 (=実態として台湾独立政府は存在していて、それを両岸大陸政権の掲げる「ひとつの中国」の虚構を、どういう手順で何時捨てて、実態通りの「ひとつの中国、ひとつの台湾」とするかという問題が実質。中華民国も中共と同じく大陸政権であり、台湾島の政権では無い占領者なのだ)
 その優れた薬物離脱実践のある日本が、現状はなぜか重罪処罰一本の薬物依存政策になっている。 黒船来航騒動(A.D.1853〜1854)でペリーがアヘン戦争(=アヘン貿易自由化強要)を引き合いにアメリカへの開港を江戸幕府に迫っているのは、江戸時代以来の薬物犯重罰維持の背景かもしれない。 「国家の定めた重罪」には違いないが、悪意の窃盗と、制御不能の禁忌違反と、社会的にどちらが酷い犯罪かは様々判断が分かれるだろう。

 ●森氏は、依存症患者の自分では止められなくなる特性を良く分かって、逆に、注射器を薬物離脱中の依存症患者に示して、薬の入手を依頼。再発の引き金を引き、ユーチューブ動画取材のために、逮捕させようとしたのだ。薬物犯罪教唆・誘発犯として厳しく責任を問われるべき重大非行なのに何の処罰も無いのは実に不都合である。

 ●森氏が「コンビニのトイレに行く」と言って車を現場を離れ、暫くして戻ってくると、突然、警官8人に取り囲まれて職務質問・車内捜索を受け、インシュリン自己注射などに使うポンプ(注射器)が発見され、「弁当持ち(薬物の執行猶予者:警察隠語)がいてポンプが有っては大ごとだ」と警官20人に囲まれ新宿署に連行されて尿検査され、陰性で深夜に解放。「歌舞伎町は駐車違反取り締まりが頻繁で、たとえトイレでも目こぼししないから、管轄外に出よう」という後輩の制止を圧してのトイレ行きで、元々映像取材として職務質問を狙った仕掛けの疑いがあり、パトカー1台ではなく、いきなり8人〜20人動員は、●森氏により予め薬物案件と通報されていたと考えるべきだろう。
 右カコミ枠冒頭の職務質問動画のコメント欄に、この「コンビニ・トイレ」の指摘が最近書き込まれたのだが、1日で消されてしまっている。事実無根なら指摘に反論・釈明が筋だが、一瞬で消し去ったのは●森氏にとって「知られたくない重要事実」=仕掛け動画との確信を深めた。

 前出の通り、ポンプは予め●森氏が準備していて「薬を入手して欲しい」と依頼。それを依存症患者氏が断ったモノだから、薬はなく、尿検査を強制されても、結果は陰性で釈放になったが、警察で●森氏は自分で準備したのに「ポンプは後輩(依存症患者)の持ち物」と強硬に言い張り、何が何でも逮捕させる主張を繰り返した。
呼び出した●森氏の尿検査は無かった様だから、予めユーチューブ取材用として設定された逮捕場面期待、薬物要求である。
 だが上カコミ枠冒頭のU-tube動画↑では●森氏が「人に頼まれて自分で準備した」と明言。●森氏は繰り返し「シャブ中」「執行猶予中」と言っており、尿検査無しには釈放されない状況を敢えて作っている。
 すなわち「コンビニのトイレに行く」と言って警察に連絡し、薬の容疑を告げて、多数の警官の出動する職務質問場面を作って撮影している。薬物依存症患者は処罰されての再犯率が80%〜90%に達するとされているから、完全に●森氏の非常に発生確率の高い仕掛け撮影である。
 動画のコメント欄に有る通り「@Kaz Tune 一緒にいたこの後輩は後日シャブでパクられたよ笑 Peroncyo(注:●森氏チャンネル・ネームのひとつ)5 年前」となった。
 ●森氏に注射器を見せられ薬物入手を頼まれ、連行されての強制尿検査体験での薬物依存症の反応で、気持ちの制御不能となり、堪えきれなくなり一瞬手を出してしまい、制御不能の危険を感じて地元警察に自首・自訴したことから計3年間(1年6ヶ月×2)の懲役となったモノ。
 裁判では、自首や、●森氏の悪意の仕掛け誘導は一切省みられず、国選弁護人は有罪裁判を進めるためだけの添え物で、処罰相場を重ねるだけの重罰となった。●森氏が不当な仕掛け撮影をしなかったら、或いは一律重罰主義から西欧に準じた実効ある薬物離脱教育訓練策に切り替わっていたら無益な長期収容はなかったろう。 執行猶予判決以降1年間薬物離脱出来ていて、それまでズッと派遣で働いてきて、ようやく年金など社会保険のある公共事業直接請負の職場に入って働けて、大変喜んでいたものを、●森氏の不当な薬物職質仕掛け取材は完全に奪ってしまった。
 NETで叩かれた女性プロレスラータレントが耐えきれずに自ら命を絶ってしまって大変お気の毒だし、悪役を演じての激しい否定的反応に備える指導体制も無かったのかとテレビの無責任に驚くが、もっと悪意で仕掛けられて逃れようのない権力の罠に填める本件ユーチューバー●森仕込み取材は陰湿な計画性で更に悪質である。

 なお、●森氏のアンテナ窃盗事件は、詳細が自供されて、それに基づく現場検証もされて一旦は起訴されて警察の留置場から立川拘置所に送られている。一般人(=非有名人)は起訴されないと拘置所には移送されず、警察の留置場=代用監獄に留め置かれることが多いのだ。 それが、極めて異様な「起訴取り下げ」となったのは、以上のような犯罪者作りの囮(おとり)捜査協力が噛んでいる疑いがある。
 ●森氏が盗んだ覆面パトカー・アンテナ13本の価格は、通常の電気部品なら10万円そこそこ、旧国鉄やお役所調達価格も馬鹿高いが、さらにそれを越えての「警察調達特殊仕様」で北海道警並みに何処かへの鼻薬を載せて@3.3万×13本=43万円なら量刑相場としてはいずれにせよ”立派”に実刑である。 警察にゴロニャンで無害の覆面パトカーマニアの使い方として、警察のメンツ重視の刑事処罰よりも、警備警察:公安の失態隠蔽と、取り締まり効率の良い犯罪者作り囮捜査要員に切り替えたのだろうか?

●森氏のパトカー用アンテナ窃盗、逮捕起訴事件  <2.2>

【Yahoo知恵袋】
警視庁の警察署から、覆面パトカーについて
いる無線用のアンテナを盗んだとして、...

    npa********さん   2014/12/28  12:26:03

(NNNニュース番組画像)

 警視庁の警察署から、覆面パトカーについている(警察)無線用のアンテナを盗んだとして、警察マニアの男が逮捕された。
 窃盗などの疑いで逮捕された無職・●森容疑者(31)は、2014年2月、東京・杉 並区の高井戸警察署の駐車場で、覆面パトカー2台についていた無線用のアンテナの配線を切断して、盗んだ疑いが持たれている。
 ●森容疑者は、警察マニアで、調べに対して「自分の車についているアンテナを盗まれたので、同じものを盗んだ」と、容疑を認めているという。
 都内では、2013年12月以降、5つの警察署で、同じように無線用のアンテナが盗まれていて、警視庁は、●森容疑者の犯行の可能性もあるとみて調べている。

って、なにしたいわけ?●森君?見せかけ重視かね?

(4) youtubeのkuronoyume0702さんのことについて質問です 今日ニュースを見ていると...

    har********さん  2014/4/20  13:50:08
youtubeのkuronoyume0702さんのことについて質問です
今日ニュースを見ていると、覆面パトカーの無線アンテナを取った疑いで逮捕てきな物を放送していたのですが。 警察マニアでユーチューブにも動画投稿また、
https://www.youtube.com/watch?v=RSrzAQ2OJBU
この動画もテレビで流れていて、まさかと思ったのですが・・・
この方なのでしょうか?
いつもyoutubeを楽しく見させていたので信じ切れません

補足
nekoyaguriさん
覆面パトカーではありません
警護車に見立てたセルシオですよ?

(9) クロちゃんは、逮捕されたんですか?

    l58********さん   編集あり2014/4/26  03:52:21
横浜市都筑区、無職●森容疑者(31)
翌日のニュースを見ましたが本人らしき方は映っていました。
先日から投稿も途切れており、所在地、苗字、年齢が一致しているのでほぼ確実かと、、、

首相追走動画から目をつけられていたみたいですよ

【コメント】ばんかけ動画についてCHANNEL GATE
https://www.youtube.com/watch?v=uXJEgJVkZ6Q&t=4s
「くろさん」批判。もしかして、人ぞ知るラップ・グループの一人かも?不詳。
日本人のネット特有の匿名卑怯者 お前ら全員同罪だぞ
  https://www.youtube.com/watch?v=bI57oEoJkDE
 ●森氏自身の犯罪誘発逮捕期待仕込み取材の希に見る卑劣さはどうなのだ!

コメント欄には表示されなかった注意喚起投稿

【記事1】
 仕掛け取材は卑劣ではないのか?!追い込まれた女子プロレスラーは大変お気の毒だが、仕掛け取材で犯罪に陥れられるのは同様の酷いこと。
 ユーチューバー●森氏は、2015/04、更生中の薬物依存症患者を呼び出して、注射器を示して覚醒剤入手を持ちかけ、そこにコンビニからこっそりパトカーを呼んで職務質問させて撮影してU-tubeに投稿している!

 自分で注射器を準備して、呼び出した後輩に覚醒剤入手を持ちかけて断られ、トイレに行ったコンビニから警察を呼んでの「後輩陥れ職務質問」。注意して動画の遣り取りを聞くと「シャブ中」「執行猶予中」を繰り返して、執拗に確実な尿検査実施に誘導している。

幸い後輩はマジメに暮らしていて検査陰性で釈放されたが、そういう卑劣な仕掛け取材は許されて良いのか。

【記事2】
 Peronchoは、木村花さん追悼に名を借りて、その実質は「俺を批判なんかしたらン●10万の慰謝料を払うことになる」と威嚇していて、数々重ねた悪事の批判が表沙汰にされるのを防ごうとしている。 まさに盗っ人猛々しいを地で行く実に図々しい所業。
 闘病中の依存症患者に注射器を渡して薬物入手を頼み、自作自演職質を仕掛けて無理矢理尿検査に持ち込んだ一連の事態のショックで、検査陰性が一瞬崩れての自首・自訴で強制収容3年となった犯罪教唆・誘導責任は当然にあり、職を失った3年間以上の収入保障。慰謝料を追及される立場にある。
 そういうもっと大きい反訴の可能性を抱えてるヤツが、何を説教しているのか!5年前の被害者は捜し出して反訴・反撃の相談に乗って上げたいくらいだ。

 民事訴訟も刑事告訴も、起こすだけならどんな理由でも可能で、その対応方法が判らず放置すると民事訴訟だと請求額全額が認められてしまうから、最低でも弁護士に相談する費用が必要になる。 だが街中無料法律相談だらけだし、5000円もあれば充分相談に乗って貰える。
 だから必要な公開批判は、正確な事実と評価に基づいて、公開の必要性も示しながら行えば良い。

 「誹謗」は、客観事実をそのまま述べれば成立しないが、極端に歪曲して酷く言うと事実を述べていても、その評価の失当で誹謗とされる余地があるから要注意。
 「中傷」は、存在しない事実で攻撃すること。だから誹謗中傷に当たらなくて、事実公表に公益性があれば、裁判を起こされても勝てる。 たとえ「事実」でも公表されたくないプライバシー権は判例で認められていて注意が必要だ が、NET公開記事への反論は全く差し支えない。 だが金のあるヤツは「スラップ訴訟」といって、あれこれ争点を捏ち上げて、莫大な損害賠償を請求する裁判を起こしてくるから慎重に検討して、逃げようのない追及で頑張って貰いたい。
           (この項06/12/2020追記)
 ●森氏の覆面パトカー用アンテナ窃盗、逮捕起訴事件についても触れておこう。 右枠引用の報道の通りで、窃盗容疑で逮捕、調布警察署に留置されてから立川拘置所に移送されて、逮捕後の調べて5警察から13本だかの覆面パトカー用アンテナを盗んだと自供。 それに基づき、全犯行現場に当人を連行して立ち会いの下で現場検証を行って”身柄拘束のママ”起訴されている(=否認したままで、本人立ち会い現場検証は無い→=自供した)。 その逮捕・留置・勾留で「折角情報を入手していたオバマ米大統領の車列追尾が出来なくなった」とぼやいたと云うのだが、2014年訪日のVIPではオバマ氏とオランダ国王だから実際と合致する。 ●森氏は警備情報漏洩筋を握っている様だ。
 このとき偶々同室になった薬物依存症患者に、前項の仕掛けをして職務質問・逮捕動画の撮影を試みたモノをU−tubeにアプロードしている。 薬物依存者は初犯で量刑相場通りの執行猶予付き判決で釈放。ところが、●森氏は「起訴取消」(=当人の説明)という有り得なく異常な手続きで放免されて、動画投稿を続けている。

 刑事訴追は原則検察のみが行い、「起訴便宜主義」といって、起訴、不起訴は検察の判断に任されており、処罰の必要のない軽微な事件は「起訴猶予」、違法性の無い、あるいは立証出来ない事件は「不起訴」となるもので、一旦起訴されると有罪率は99%以上となっている。
 そういう状況で、「不起訴」「起訴猶予」は日常的にあり得ることだが、身柄まで拘束して一旦起訴した事件を「取り消す」というのは極めて異常な出来事であり、「特別な事情」の存在が疑われてしまう。 警察マニアである「当人の勘違い」で「起訴猶予を起訴取消と取り違えた」可能性は、一般市井人よりかなり低いはず。法的評価を巡っては、様々警察と渡り合ってやり込めて弁償・謝罪までもぎ取ってきた御当人が「不起訴処分」を「一旦起訴されてからの起訴取消」と勘違いしたなど考えられないのだ。

 「量刑相場」があって、初犯で軽微だと程度により「起訴猶予」、「執行猶予付き判決」は有り得る。著名人の覚醒剤単純使用事件が軒並み「懲役1年6ヶ月、執行猶予3年」となっているのは量刑相場通りということだ。 処罰事情として、金額では一般価格10万円前後相当〜警察調達特別価格43万円前後の窃盗だが、警察署を狙っての繰り返しの犯行ではメンツに掛けて重く採られるだろう。
 なによりユーチューブ大ヒット動画の内容が、首相車追走動画=首都高速道路を走る首相車列の警備陣に紛れ込んで動画を撮り続けて、それをアプロードしたことが警備警察のメンツを潰した不届き者に対する「あら探し立件」説はNETに流され、「オバマ大統領車列追尾妨害説」も●森氏自らから語られたのだが、窃盗総額10万円〜43万円余相当からすれば立件自体は当然のことだ。

 それよりも、警備に当たる覆面パトカーの警官たちと常に大変近しい会話を交わすユーチューバー●森氏の要人警護車列の捕捉撮影率が異常に高く、頻繁に追尾動画がU-tubeにアプロードされていて、予め警備計画が漏れている強い疑いを生ずるから、内部的に警備情報漏洩の内部調査が始まったのかもしれない。

 「箱乗り」といって車の車体から半身を乗り出す、暴走族あこがれの乗車を警備のパトカーで行っている動画が何本かアプロードされているから、暴走族感覚の警官が「晴れ舞台」の動画を撮って欲しくてこっそり出動日程を漏らして居たりして・・・・・・・。 よく言われるが「捜査官は、扱う犯罪者に似てくる」そうで、凶悪犯担当は凶悪犯に、暴力団担当は暴力団風に、知能犯担当は詐欺師風になってくるのだそうで、暴走族に近い交通機動隊・警備系は示威・威嚇走行など暴走族そっくりの感覚に染まるのかも知れない。 SPの採用する「目立たせる警備」として公衆の目に触れるところでの箱乗りはあり得て特認合法化されているだろうが、自動車専用道路の首都高での箱乗りの必要性は全く無いから「晴れ舞台」説が説得力を持ってくる。

 アンテナ窃盗犯罪のそんな情報漏洩絡みの周辺事情を法廷での弁護側尋問などで述べられては大変なことになるから、検察に頼み込んで極々異例の「起訴取消」にした!?あるいは、戦争直後の秋葉原ガード下露店市よろしく、パトカー補修部品の横流しがあって、都合13本にもなり、それを法廷で喋られたら大変なことになる・・・・・・・・。
 異常な「起訴取消」の話を聞いてすぐに感じた裏事情が後者戦争直後の「秋葉原ガード下横流し露店!?」(=13本入手)だったのだが、ユーチューブで関連記事を検索すると、ある時期に集中して要人警備車列映像の山で、要人警備情報のダダ漏れ疑惑を感じて、それは警備警察(=公安)の機能不全として資材横流し以上の不祥事!必死の裏面工作で起訴取り下げを頼み込んだ!という筋書きも浮かんで見えるのだが・・・・・・・・憶測が過ぎるだろうか?

●森氏の仕掛け取材は「犯罪の教唆、誘導」ではないのか?!】  <2.3>

 著名ユーチューバー●森氏は、前述の通り、注射器を準備して、窃盗留置時に同房で顔見知りとなった薬物依存症患者を呼び出して、車中で示し「ヤクを経験したい。準備してくれないか」「知り合いから手に入る」などと迫ってその場で断られている。
 ところがその現場で、断った直後に徒歩警官から職務質問が掛かり、多数のパトカーに囲まれて動けなくなって警察署に連行され、そこで●森氏自身が準備した注射器を、呼び出した相手の持ち物と主張し続けて、尿検査となり、検査結果の出る深夜まで拘束される「事件」が起きていた。
 あまりにタイミングが良すぎる不審尋問・持ち物検査とパトカーの大量動員であり、呼び出した●森氏の尿検査は無かった様だから、予めユーチューブ取材用として設定された逮捕場面撮影期待、薬物要求の臭いが紛々である。少なくとも「違法薬物入手可能の知り合い」は追及すべきである。 トイレを理由に一人コンビニに行って警察に連絡、自作自演の職務質問を動画撮影してU-tubeに上げた!摘発成績を上げたい警察も噛んでいての「取材」なのだろうか? ●森氏の弁明では「首相車列追走事件で目を付けられて張られていた」と繰り返すのであるが、追走阻止だけの手配ならパトカーは1台で十分で、予め動員した数台:警官8人〜20人で取り囲む必要は無い。どう見ても薬物犯摘発の体制に見える。警察に協力して囮捜査を仕掛けて、離脱に努力する薬物依存症患者を薬物入手で填めて崩した疑いが強く出てくるのだ。

 繰り返しになるが、一旦、薬物依存症に罹ると、薬物を断って10年20年を経てからも、突然薬物摂取衝動が沸いて、耐えきれずに手を出して常用者に戻ってしまうことが良くあるのだとか。 薬物そのものではなくても注射器など関連用具は最悪で、折角の長期薬物離脱が崩れてしまう厄介な障害で、日本では公になれば即、重い刑事罰に処せられる。 西欧が「薬物離脱訓練・教育」に切り替えつつあるのは刑事処罰の実効性の薄い経験からだが、現状、日本では無益な処罰唯一論、薬物離脱訓練環境放置が勝っている。
 そんな状況で、ネコに毒マタタビを与えて苦しむ様をユーチューブに上げてアフリエート収入を得ようとする残虐なサモしさは密売人と同等以上の教唆・誘導犯罪として処罰する必要があるとおもう。 その●森氏の仕組んだ挑発に乗ってしまった被害者は、前回執行猶予の懲役1年半と併せて2回分の、執行猶予無しの懲役3年に処せられてしまった! 仕組んで「薬物犯罪」に陥れた犯罪誘発者=ユーチューバー●森氏は全くお咎めなしなのだ!

 「Yahoo知恵袋」にある、ユーチューブ記事についての10本の「質問」Q&Aは、ユーチューブ閲覧に繋げてアクセス数を稼ぐための自作自演臭が紛々で、「犯罪でも大したことじゃない。問題ない」とかの異様なレスが繰り返されて、早々に投稿が締め切られ、異論投稿不能にされている。

 こういう非道・無法な「仕込み取材」をも厭わないユーチューバ−をそのままに放置して良いのか!?と強く思う。かっての理不尽な職務質問事件(日記#357−2.2)の裏には、ユーチューバー●森氏と警察による、こんな卑劣な仕込み取材が隠れていた様なのだ!

 ●森氏は、冒頭のこの動画の他にも様々仕掛けて動画撮影しているようで、動画撮影をいやがる被害者に執拗にカメラを向け続けて挑発、手出しをさせて、その動画を「証拠」に刑事処罰に持ち込んでいるとか、たとえ被害者側であっても刑事事件にされては会社から問題にされ処罰されかねない立場のサラリーマンから莫大な示談金を脅し取る事実上の恐喝とか、様々ある様だ。 番犬である猟犬を連れた男を撮影中に起こしたトラブルへの職務質問に、自分は解放されてから勝手に割って入り、攻撃的に迫ったことで、番犬が主人を護ろうと噛みついたことを刑事事件として処罰させるなどして、 しかも処罰させたことを、自身の投稿した動画内など、あちこちで自慢している。
 カップルの女性に体当たりして、怒った男性の反撃を動画に収めて告訴した件は、慎重に防犯カメラを調べた神奈川県警が「両成敗」を言って示談金恐喝を防いだそうだが、仕掛けたことの責任はまだ問うていない。警視庁がまだまともに動いていない! そんな肖像権侵害・違法取材の自業自得の事件を受理して立件する警察・検察も酷いモノだ! ●森氏はそれを「警視庁は良いが、神奈川県警はクソ!」などと公言しているが、あべこべである。

書き込めてない注意喚起
「悪意の仕掛け取材!」  <3>

 悪意の仕掛け取材で、これ以上の被害が続かないように前項の填める取材の事実をコメント欄に書き込んだのだが、それが一般公開されてないことに気付いた。ログアウトしてからコメント欄を見ると、投稿が全く消えている。U-tubeのコメントは画像投稿者の「承認制」に出来るのだろうか?
U-tubeも、反論不能の「『事実』摘示映像」など認めてはいけないのだが。

この動画は、
「後輩」を「犯罪者」に仕立て上げる悪意の仕掛け動画。
●森氏は、違法薬物用に注射器を自分で準備して、かって自身の窃盗逮捕時に同房となった薬物依存症患者「後輩」を呼び出して車内で「薬物体験したい。入手して」「知り合いから買える」などと頼んだが断られた。
 その直後、駐車すれば即、警官が飛んでくる歌舞伎町路上に、その後輩の制止を圧して駐車。トイレと称して行ったコンビニから警察に連絡し「職務質問」を仕掛けさせる。徒歩警官2名出現の後から駆けつけたパトカー警官6〜20人はそうして●森氏が自分で呼んだもの。
 そして警官との遣り取りで、執拗に「ヤク中」「執行猶予中」をアピールして強制的な尿検査に持ち込んでいる。 時に理性では制御不能となり再犯率が異常に高い薬物依存症の特性を利用した、逮捕場面撮影のための悪質な仕掛け動画取材。

●森氏はこの手の仕掛け取材動画をも多数投稿、実質、恐喝事件さえ誇っていて、善良な取材者では無い。 そうした悪意の事情を記事の公開コメントに晒すべきである。(この#3項06/12/2020追記)
    (一部mail受信不能?5月末〜異常!トラブル調査中)

2020/06/28 23:55

[Page Top↑] 旧
新
戻る
(A4版縦置き)