[396]

BBS
鉄道解析ごっこ
mailto:
旧
新
Diary INDEX
Geo日記
雑談
Geo雑談
戻る
LIST
主目次

ご苦労様!特別高圧送電線保守作業@千葉


線間ダンパー交換作業A

 原発事故とその隠蔽謀略体質、再稼働強行の方向で兎角評判の悪い東京電力ですが、日常的な保守作業はフツーに行われていまして、昨年辺りから千葉市西方花見川変電所廻りの特別高圧送電線のメンテナンス工事が順次行われています。 孫請け、曾孫請けと思われ原発事故の責任はない人たちのようですが、滑車と縄で特高線を辿って点検、部品交換、写真は送電線同士の揺れ止めダンパーの交換作業の模様。 かって新潟県で強風に煽られた送電線がショートして広域が停電したことがあり、それ以来、強風に晒される地点の送電線間にスペーサーを入れたり、さらに高機能の振動吸収ダンパーを設置する様になりましたが、それがもう寿命交換の時期になったようです。鉄塔のアームや懸垂碍子も交換していました。
 上掲3葉は、実はうちのカミさんのカメラ教室グループ写真展出品作品で、公開展示を終えたので流用。 急に写真に目覚めたって、元々構図を切り取る絵心もなく、関連知識もない状態で、突然傑作が撮れる訳でもないので、そこは被写体の物珍しさでカバーし、超高級バカチョンカメラの高性能に頼って、画面の光に気をつけて、ということで実に珍しい場面として特高線補修の工事監督の許可を貰って撮影したものです。

 光の具合で鉄塔などの印象がまるで違うことは良く有り、午前中撮影の写真の光が気に入らなくて数時間後の午後に撮り直させて、直射光による鉄塔ビームの明確化など、その明らかな違いを示したりして、「口だけコーチのあんたより、私の方がズ〜〜〜ッと才能があるんだ!」と威張られたり、とまぁ、幼稚園児のお守りみたいなものであります。

 カミさんのNikon D800 のAF性能は非常に良くて、常にフォーカスが合っていると撮影教室仲間からおだてられてヨロコんでる状態ですが、「超高級カメラのバカチョン・モード使用ってのもありだなぁ!」と認識を変えつつあります。微妙な手動補正がほとんど要らないというのは大変な便利さです。 行き会うカメラマンの多くから「良いカメラですねぇ〜」と声を掛けられて、初めて自分がどんなステータスのカメラを買ったのかを認識し始めている状態。 扶養家族の居る一家の大黒柱では、たかがアマチュア写真趣味にぽんと45万円も出せないよねぇ〜(w。リストラに追われる学卒電子技術者よりも定時制短大卒保育士の方がずっと標準の給料が良いなんて、公務員にはかなわん!
線間ダンパー交換作業B

線間ダンパー交換作業C

なかなか把握困難!美低音特徴    <2>
ダブルリード型か?広汎高調波分布型か?


周波数比7:8の2波の干渉波形。包絡線周波数は1/16になっている。 (は繰り返し着目点)
2波混合波形は、抑圧搬送波両側波信号と同じ.2波の周波数差の周波数が聞こえる。
非線形伝送路での和と差の周波数とは異なる。

S:美低音歌声の高調波が11次まで概ね均等に観測できる.ノイズが相対的に少ない.
B:(6番目)とは対照.これが美低音の特徴か?


【DAM精密得点U/DX≧90点】非常な高得点!
音程もリズムも正確!カラオケ・マドンナ三人!↓


H:2kHz〜6kHzが≒+7dB、基本波少ノイズ大.Y:(直下)とは対照.演歌高得点.
年配の常連には非常な高評価だがカサ付いた糸底擦り声

Y:2kHz〜6kHzが≒−22dB.高調波は2倍と弱3倍の三角波. 歌謡曲美声.ソロ指向.チーママ格

N:2kHz〜6kHzが≒−35dB、ほぼ正弦波=基本波特大. 澄んだコーラス美声でベースを添えたくなる.
ビートルズ武道館公演を非行扱いされ危うく身柄拘束逮捕の筋金入り洋楽ファン

カサ付いた糸底擦り声 H:の原因は2kHz〜6kHzが他の美声より+29dB(約 794倍)も大きいためだろう.

B:男声風邪声.卓越したスペクトルが無い!雑音比が高い.S:(2番目)とは対照
 「美低音」氏を追ってPCを担いで波形記録に出掛けたのですが、美低音のみに特有という波形は見つけられませんで、美低音を含んでの美声に2波干渉波形を見つけだしたことと、高調波が計測スケール一杯の11次高調波までのピークが見られました(右波形2番目.S:)。 美低音は協和音と、ハッキリした高調波スペクトラムの美しさではないのか?というのが美低音狩り3回の収穫です。

 すなわち、波形から見ての美声というのは、形状も美しいのでしょうが、
これまでに見つけた基本波が主で、高調波が重なってゆくタイプ=正弦波、三角波、鋸歯状波、2こぶ波などと、 今回気付いた調和音程和音型と、高調波広域分布型とがあるのではなかろうか。

 美低音というのはそのうちの調和音程和音型&高調波広域分布型で、加弦やコーラスでのハーモニーだけではなく、一人コーラスの音声波形が存在するのではないか?ということです。 長短3度音程型(4:5〜5:6)、属7型(6:7〜7:8)などがあり、包絡線基本音の一周期に高調波が3山〜8山みえる波形。 その波形なら特に低音でなくても美しい、ダブルリードの自己ハーモニー音声なのでは、・・・・・・・・・と考えると、美低音特有の波形があまり明確にはならなくても、矛盾なく説明できます。

 実例(2番目〜6番目)で比較対照しますと、DAMカラオケでの得点評価法でアマチュア用としては最も辛い「精密採点U〜DX」で非常な高得点である90点以上を示す方の音声波形が3番目〜5番目、H:、Y:、N:なのですが、それぞれ特徴があり、正弦波に近い美しい歌声で、低レベルでベースを加えてコーラスしたくなるのが5番目N:、大変上手い歌謡曲シンガーが4番目Y:、ところが、H:の波形がかなり極端で、聴感評価も人により大きく割れます。何故でしょう?

  DAM採点法については推定記事#0389#6を書きましたが、評価は「相対評価」で、総得点の偏差2乗平均根≡標準偏差を基準に、表示方法として偏差値に似せてエンターテイメントとして相応しい味付けをして・・・・・・率直に言えば著しい足駄を履かせて表示させる訳で、「全国順位」は、母数を2倍にした表示にすれば全員が中央順位以上、「得点」は、平均値を75点〜甘いスナックモードで80点として、1σ毎に5点の増減といった修飾がされて表示されている模様です。 その評価方式だと、精密採点Uでの90点台というのは、75点に対して3σ以上、0.134%≒746人に一人という高得点者たちです。
 相対評価の基礎となる絶対得点は、音程、リズム、ためと走り、ビブラート、小節、・・・・・・・・といった様々な要素で加点されていきますが、そこに「音質=歌声の美しさ」は入っていないようで、どうも弩演歌で激しく唸っても減点されない得点仕様のように思えます。 また、「演歌教室」などでは様々の得点要素をゲットするテクニックを教える様ですが、歌唱の基本である美しい音を出す発声練習指導などまず聞いたこともなく、高得点目指して中には音程さえ定かでない極端な振幅のビブラートで唸るような歌唱としては本末転倒も起こっている状態です。 美声マドンナとコーラスして、急坂を登るトラックのエンジン音を彷彿させる極端なビブラート音声で相手の美声を覆っているのに気付けない!ベースはせめて同音量以下に抑えてバランスを取り、お姫様をより美しくなるよう支えなければいけません。

 先出の演歌マドンナH:さんの歌唱は年配の演歌ファンには大変高く評価されているのですが、歌唱派Y:さんらは「声質がカサ付いて美しくない」と強く感じていまして、「同じ得点なんて納得できな〜〜い!」とか言ってましたが、店にはH:さんと一緒に現れて必ずH-Y打順で直後に歌ってちゃんと「前座」として活用して自分の歌の巧さを際立たせてDAM機得点への不平感を埋めていまして転んでも只では起きないしたたかさ。美人マドンナはなかなかエグイ!!(w

 H:さん歌唱波形(右3番目)の際だった特徴は、主音程波形が全く見えず、周波数スペクトラム分析FFTでは歌の周波数よりも、子音に含まれる3kHz前後の周波数成分が6dBほど大きいことで、比較対象のY:さんが−22dB、N:さんが−24dBなのと比べて28dB〜30dB(振幅で約25倍〜31.8倍、パワーで約600倍〜1000倍)大きいことが「かすれ声」に感じる原因でしょう。
 かすれ声の典型、「風邪声」での歌声が最後6番目B:氏の波形。 1周期の一部に高周波が入ってることと、スペクトラムでは基本波+高調波という楽音が目立たず、ほぼ等量でノイズが乗っていることです。
 H:さんの発声は、演歌の指導者からは「男-声」とされたようですが、他の歌唱波形→(/songwave.htm)との比較で見る限り、"カサつき周波数成分"が他の美声よりも30dB(振幅で32倍、パワーで1000倍)も多いというのは、そうではなく、美しい発声:歌声の追求をしていない、口腔内の共鳴を活用した歌唱周波数の強調+ノイズ周波数の抑制をしていないことを示す波形だと思います。

 そのあと、DAM評価法に新たに「精密採点DX-G」が加わっていることが分かり、音程評価が従前の精密採点UやDXより厳しくなっていますが、「歌謡スタジオ」常連さんの演奏では得点は90〜94なのに声が全然豊かではなく不安定に感じられて得点失当!と強く思いました。 Nさんもそれを「上手いとは思えなかったのに点数だけ特別高い」と感じてました。Nさん自身のDX-G評点は90〜96で、精密採点UやDXでの採点と変わりませんから、DAM採点システムの持つ矛盾が−DX-Gで、もっと大きくなってしまったのでしょう。 私自身の得点は83〜89で、90には届きませんでした。これは私がどうしても調整しきれない微妙な音程の狂いを精密採点に厳しく取られたのでしょう。
 演歌系指導が怖いのは、売れることのみ最優先で、コアなファンの好む極端表現ばかり求められて、自身のアーティストの感性と衝突して消耗してしまうこと。DAMカラオケの採点にこれが有ると、得点を見ながら練習して下手になっていき美しさは失うことになります。 過ぎたるは及ばざるが如しで、ワサビだけ、辛子だけ食べても美味しくないわけで、チョッピリ使うのが鍵。 殺人的スケジュールと併せて、フツーの叔母さんやフツーの女の子に戻りたくなる衝動の基本的背景ではないでしょうか。 DAMカラオケ採点は、録音するなどしての生身の人間の聴感補正評価が必要だと言うことです。

 かって所属の会社のギターサークルで演奏練習の一環として、まずは最優先で美しい音を出すことが追求・指導されて、長期間、演奏の早さは全く求められずに「美しい音」でシゴかれましたが、促成栽培の高得点化でないとお客に逃げられてしまう演歌講習道場では、得点獲得テクニック伝授ばかりが優先されて、音楽本来の美しい演奏については全く教えないと言うことなのでしょうか。 演歌のレッスン料1回5千円+入店料では、目に見えて得点が上がらないと辞められてしまい商売上がったりですから、得点には絡まない地味な発声練習などさせている間はないのでしょう。
 H:さんは加えて一人カラオケボックスでの自主練習に最近で40,000円余を注ぎ込んでの高得点結果でカラオケ大会出場しているといいますので、このDAMカラオケ採点の欠点ばかりを累積させてしまったのかも知れません。 指導、練習方法がDAMカラオケ機の得点技術に偏って、勿体ない状況なのでしょう。評価項目毎に「過ぎたる」の部分は加点してはならず、逆に減点する凸型の評価函数にでもしないとこの矛盾は無くならないでしょう。 せめて、自分の歌声を録音して聞いてみるとかの、客観性を追求していたらカサつき声から脱して美しい歌声の方向になるのでは? いえ、常連客の過半数の評価は「大変上手に歌う人」で、マシン評価上でも希な高得点歌唱なのですが、もうすこしカサつきを押さえた美しい歌声を追求したらもっと快い歌声になるはず。 以前、歌唱波形写真をお渡ししたときに、共鳴活用の歌い方はお勧めしたのですが、「もう男声は治らない」と交わされてしまいました。音程とリズムは正確で+3σ以上評価の得点90点台なのに歌声の美しさを放棄するなんて実に勿体ない話! 発声練習訓練(ボイス・トレーニング)もちゃんとしてくれる歌曲系・クラシック系の歌唱指導者に切り替えれば良いのに、と思うのですが。

 しかしながら、Hさんがカラオケ大会出場の練習で暫くの間、店に顔を出さなくなるとアンダーグランドでこの件が取り上げられ、私が「酷いことを言った」からメゲて店に来なくなった!と対抗心に燃える「ライバル」から放送されたそうで参りました。 あまり歓迎されない余計な御世話だった様です(w。 波形だけでなくFFT(周波数分析)出力も見て戴いて他との比較で共鳴不足が理解されればDAMカラオケ・マシンの高得点だけでなく、聴衆にとっての美声に短時日で変わるのでしょうが、、、またまたの余計な御世話でしょうなぁ。

またまたの余計な御世話情報    <2.2>

 人の弱点を、陰で言い募ってサカナにして楽しむのは私の趣味ではなく、物理データとしてハッキリ現れているものは当人にとっても対策しやすいことが多いもので、率直な指摘をした方が良いと思い、店が跳ねてからHお姉様を裏に呼んで資料を渡してカサ付く原因の話をして、歌声を共鳴させる「ボイス・トレーニング」をお勧めしたのでありますが、・・・・・・・・。
 大昔には1年ほどボイストレーニングを受けているが、非常に高くて1レッスン5000円では勿体なくてやれない。カラオケの先生からは、『カラオケ機に好かれる歌声がある様で、非常な高得点を出すけど、あなたはそんなに上手くない!』って云われていて問題があることは分かってる。が、病気の予後の快復トレーニングとしてやってるんで、特別のことをしたいとは思わない。 あれこれのテクニックでドンドン加点していくのはわかり、音程だけは正確にして得点を稼いでいた。
というお話でして、予想通り、「重ね重ねの余計な御世話」でしたねぇ(www。
 DAM採点に聴感と大きく違う弱点があることを「カラオケの先生」もご存じだったわけです。 ボイストレーニングは高額謝礼の先生に就かなくても、録音して後から聞くとか、客観化して自らにフィードバックする金の掛からない方法はあり、美しく歌うことに留意して貰えたらと思うのですが・・・・・・・・・。 曲がりなりにも90点の高得点で、音程、リズムとも大変しっかりしていて、音質だけだから特に残念に思い、「余計なお節介」をしてしまいました。 箸にも棒にも掛からない千葉県名物犬吠埼のお客さんは結構大勢いらして、折角楽しんで歌ってるものをあれこれ言う様な見当違いの野暮は絶対にしません。 歌謡スタジオ常連の「DAM精密採点DX-G」での90点台さんは聞いていて明らかに下手! それは原因が多岐に渉ってちょっと手の打ちようがありませんが、本件Hさんの場合、上手いはずなのに、音声だけが粗雑でノイズ成分がメロディーの4倍の出力! 美声90点マドンナたちのノイズ成分の実に1000倍もあり、結構高額な参加費を支払ってのカラオケ大会出場という歌唱技術向上意思の明らかな方というのは、ちょっとした練習で大改善されそうに思えるんで、投げてしまうのは大変残念!に思えてならないのです。(この項2016/11/05追記)

【背景の店】    <2.3>

 行きつけの店を概説しますと、ママはマドンナ型で、目当てに通う常連たちもいるDAM評価90点台の実力者ですが、客の前では絶対に一人では歌わず、求められてデュエット・コーラスに応じるだけです。 ママが高得点を直接見せてしまうと逃げ出してしまう客もいるので妥当な対応。 時折駅付近で行き会うのが閉店から概ね2時間後というのは後片付けとしては若干長すぎで、店に鍵を掛けて、実は一人で歌って埋めてるのかもしれません。 ところがマドンナYさんは自分よりママの方が若干低得点と思っていて、実際には同格ですから、営業政策として得点測定時には若干狂わせて低め得点に調整してるのでしょう。 ライバル心は客観評価を狂わせてしまうにしても、なかなかの役者=タヌキではありますが、古めの歌を歌うと「まだ生まれてなかった!」といって廻りの関心を年齢に集中させ却って実年齢がバレてしまう藪蛇対応を繰り返しています。

 もう一人の常連マドンナも、学校コンクールとママさんコーラス出のきれいな歌声だったのですが、最近、弩演歌風に媚びて歌うことを覚え、ママから「ずいぶ〜ん可愛く歌ってる!」と冷やかされる偏った状態で歌としての質を落としていて残念。 ノーマルに歌えば実に上手いのに勿体ない! DAM得点は85点以上+2σ以上相当の本来上手な人! 重病に倒れたモテモテ後期高齢者氏の復活作戦キャストで、先出Nさんと共に復活作戦の同志!共に中学時代のNHK小中学校合唱コンクール曲♪花のまわりで♪(江間章子詞)を正確に覚えていて歌えましたから、中学時代に少なくともNHKコンクール参加前提の合唱練習はしていたのでしょう。
 叔父さんたちが次々と歓心を奪い合って時に囓り合ったりして衝突しているもので、無礼かつ不躾に 「こっちの叔父さんの鼻の下をチョクッと引っ張ってス〜〜ッと動かし、あっちの叔父さんのもチョコッと引っ張っては、ウブな叔父さんたちが過剰反応してガチンコ激突するのを見て喜んでるんでしょ!」と冷やかしますと 「喜んじゃないわヨ〜〜。ぎゃははw」と笑い飛ばされ「わたし、化けるのが上手いの〜」って、ま、10歳は若く見える  元 美魔女として若干の自覚はあるようです(w。 人当たりは時に天然でキツくて、それを許容できない御山の大将!猿山のボス猿型で、相手が自分の思うがままに動くべきだと信じて疑わない自己中姿勢では到底お付き合いしきれないでしょう。 私自身、青春シリーズで歌いまくったら「青春より、そろそろ老化を心配したら〜〜っ!」てきついヤジを飛ばされてとほほ。リアルな年代に向ける言葉じゃありませんで、なかなかキツいマドンナであります(ww。
([注]:夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる、華やかな金魚の廻りを取り巻くメダカ叔父さん達の様な関係を、ここでも「マドンナ」と書いているのですが、ご当人達の感覚と致しましては「マドンナったって、叔母さんばかりじゃないの!(私を除けば!)」とみえまして、場は必然的に賑やかに・・・・・・・・。)

 過介入干渉マウンティング支配氏は、執拗に崩して歌う様に働きかけ続けるなどの自己中要求を皆から拒否され浮いてしまい河岸を変えたので、子分扱いされていた後期高齢者氏も過介入に潰されずに再復帰できる条件はあるので後は御当人の体調と踏ん切りの問題。 ちゃんと歌って楽しみたい人たちに「崩せ」と要求するのが無理筋ですし、「あの店は行くな!」「あいつとは行くな!」などと勝手に人に命じても通るハズがないのですが、隣の席から逃げ出して不同意を直接ぶつけられたりして全く無視され相手にされなかったのが我慢ならず逆恨みとなった様です。 「俺の彼女だから絶対誘っちゃだめ!」なんて馬鹿な宣言をするから、人の天の邪鬼心理を痛く刺激して「誘われるのはOK!?」と「確保したつもりの獲物」から当て馬作戦を仕掛けられて、手酷いしっぺ返しをされてました(w。 相手を常に従属物扱いしてマウンティングを繰り返して猿山ボスを目指すキャラでは面倒がられて遠ざけられてしまうのでしょうが、当人はそこに全く気付いて居らず、不服従・拒否は「不当に邪魔をした」という感覚です。
 風の便りに私を名指しして「あいつがいるから店に行かなくなった!」と言ってると! 悪口・陰口の伝播速度には驚愕のものがありカラオケ店は三流ミーハー女子校の昼休み状態(w。 因みに女子柔道漫画「YAWARA!=ヤワラちゃん」の在籍校「三葉女子大」はTVアニメでは「ミツバ女子大」と呼んでましたが、マンガ原作では絶対に「ミーハー女子大」と読ませたかったはず!あれは、そういうギャグ・マンガでしたw。 そして女子柔道界の爺殺し元ヒロインは「ヤワラちゃん」は失当で、絶対その敵役「藤堂トド」嬢w。自分でヤワラ嬢サインをしてはいけません。論旨とは無関係の余談)。 「崩して歌え!」などのパシリ化要求が繰り返されるようになって、それをシラ〜ッと無視しただけでは独立不介入要求の意思が伝わらない支配者親分キャラと分かりました。
 これは小さな指示要求から支配を拡大してゆくイジメ集団形成発端の構図ですが、群れずには居られない層には卓効で自殺にまで追い込まれたり『ハブられる恐怖』に不当・違法なことでも言うことを聞いてしまいますが、独立型の層には理解されず全く効きません。 集団からハブられて居ること自体気付かなくて飄々と暮らしていけるキャラも居る訳で、受験塾に追われてたりすると無視される機会さえ激減します。 群れ型ではない学校の先生方では深刻な支配構造に気付きにくく時に重大事件化してしまいます。 当方、その衆愚支配構造の見える対等平等派独立キャラ型、基本は鬱陶しい「子分化断固拒否」で、表現は柔らかに「無音階(歌唱)が移って音程を忘れて歌えなくなりそうだから離れた場所にする!」と隣席を回避し続けて意思表示。 空いてるカラオケ店への分散にも、倒れたモテモテ後期高齢者氏復活作戦にも、その猿山親分氏を私自身が繰り返し誘っているのですが、すぐにそこのママやマスターに敢えて喧嘩を吹っかけて「二度と行かない」関係にしたり、参加拒否したのは当人自身でした。 後期高齢者氏への対応も 「頭から回復不能ダメ・認知症レッテルを貼ってしまわず、陣取りゲームのように現在出来ることを確かめながら自信を持たせ可動領域を拡げていけば良い。 カラオケ・コントローラ:デンモク操作も店の予備品を渡して心ゆくまで迷って貰って聞かれた点だけ補助すると成功達成感が大きくなり回復を早める」 と説明して納得を得たと思っていたのですが、どうも、そうではなかった様で、高齢者氏からデンモクを奪って先回りして操作してあげた、親切心からの行動をなじられたと感じ、自分より格下=子分格が猿山ボス氏の人格否定をしたと曲解したのでしょうか? それよりも、永年掛けて積み上げてきた自分が頂点の対人関係ヒエラルキーを私の不服従行動が大きく崩壊させ、子分格の離脱を招いて誰も従わないことが許せないのかもしれません。
 仕事など様々のプロジェクト実現のリーダーシップ発揮は求められることですが、他人の私的領域に踏み込んで支配する、ヤクザ屋「型に填める」支配は不当でしょう。「あいつとは話をするな!」とか名刺交換作戦で後期高齢者氏に名刺を持って貰い外出徘徊リスクを減らし少しでも快復させる取り組みに、陰で「共産党の個人情報収集作業」と触れ回って妨害するなどと散々介入して「ハブり」を仕掛けて、それらが総て失敗したのは、学校での深刻な集団イジメに照らして完璧自爆の自業自得、ザマミロ状態です。 地域の共産党支部は所属する地域・自治会・父母会名簿や日常接触などで個人情報は掴んでいるハズで、たまに応援するだけで全く外様の私が名刺作戦で情報収集して手渡す必要性・必然性に乏しく、彼の強引なカラオケ参加強要と、認知症レッテル貼りでの働きかけ断念とは別のアプローチに対する悪意の邪推妨害です。 対等平等の人間関係というのが氏の辞書にはないのかも。
 このマウンティング方式で段階的非行が様々繰り返され40人もの生徒が学校玄関内でたむろし怠学して生活指導部として手を付けかねる事態も発生したことがあります。 支配下に組み込むための「些細な要求」は、多摩川河原で野糞をしてこい、○×を制裁せよ、スーパーですき焼き道具セットを万引きしてこい、窃盗放置バイクで走ってこい、などとエスカレートさせて、窃盗バイクに乗らせている間に警官に連絡して補導・逮捕歴とさせてさらに非行組織に組み込むという計画的組織的な人心支配が行われていました。 指示命令に従った行動自体の後ろめたさを縛りに使っていくのです。 学校は内々処理を図ったのですが、永年引き継がれて地域・学内に続く暴力団直下の暴走族恐喝集金組織は狭い口頭指導だけで潰せるはずがなく、恐喝拒否者の自宅へ押しかけての集団リンチ事件発生を機に全関係父兄に実情報告の手紙を出して事態への対応に協力を呼び掛けました。 3割ほどの手紙は生徒により回収されていましたが、概ね事件が知れ渡って関係父母集会が開かれて、首謀裏番格の教員への暴行傷害事件による初等少年院収容の5ヶ月間を経て収束、少年院退院直後の再度の集団リンチには前回リンチに参加していない数名が従っただけで支配関係崩壊となっていました。先の集団リンチ参加13名それぞれの父母を含む、教師、生徒全校の世論化と、リンチ被害者の頑張りで地域暴走族系先輩後輩関係=恐喝集金組織と手口を暴露して、裏番指示への付和随行が暴行傷害の共犯だとして厳しく糾弾することで掣肘し、何とか収束させることが出来ました。 この犯罪的人格支配ヒエラルキーの維持に、在京テレビ局CMディレクターだという裏番の親まで出てきて「幼い頃からの子ども達同士の関係を護る必要が有る」と学校にねじ込んで、暴力団配下暴走族学内恐喝組織の温存を図る事態まで発生して、以降、大規模暴恐喝組織暴露に頑張った生徒は暴走族から数年間も「殺してやる」などの脅迫電話を受けて、その学内恐喝組織トップの組織離脱時に起きた襲撃傷害事件の冤罪告訴・起訴(家裁送致)までされて東京家裁でようやく無罪判決(不処分決定)となる冤罪事件さえ発生しました。 さらにその冤罪事件の釈放直後に、町のダニ先輩からの暴行恐喝被害で着ていたシャツを破られて思わず放った一撃がラッキーパンチとなって「先輩」を倒したのを、逆に暴行傷害としてデッチ上げて、刑事裁判に逆送致、7ヶ月収容して恐喝(拉致)被害者だけを保護観察処分にするという酷い仕返し裁判まで行われました。 裁判官説示いわく、「少年がパンチで怪我をさせたのと、先輩が少年を小突いて服を破く暴行は別々の事件で、怪我をさせたことを裁く」!恐喝・暴行と連続で起きた防御措置に対する屁理屈も極まれる「裁判官説示」でした。 その調布警察少年係Sは暴力団・暴走族の方にシンパシーを持つクズ警官だったと云うことです。See→冤罪エピソード。 独立型が多い優等生の成れの果てである先生方には手も足も出なくなる不当な事態の把握法・粉砕法は広く普及されるべきだと思います。 武力制圧・命令一下方式は問題を潜らせてしまい事態を深刻化させるだけのことが多くてダメ。 全教系や共産系の優秀な先生がいると校内世論を総動員して掣肘してゆく地引き網で囲うような抑止が可能なのですが。 アウトロー非行側が倦まず弛まず系統的に生徒たちへの支配強化の試みを重ねている、「型に填める」技術を代々継承しているというのに、数少ない武闘派の先生の一喝で総て収まると考える方が単純に過ぎて実に馬鹿な話です。 教師・生徒・父母の情報共有による集団の意思形成での抑止しか有効にはなりません。
 たかがカラオケ店の居場所確保に、過剰な不当支配の部分を擁護する渡世的妥協など、「絶対にいたしません」(Dr.X!)暴力団配下恐喝組織の構造暴露・粉砕に直接関わって自宅外壁に塗料スプレーで「殺す!」と大書きされ酷い脅迫を受けた者としても当然の矜持であります。
 カラオケ店での一連のエピソードで、こちらから仕掛けたものは何もありませんで、子分化を策する(=マウンティングの)様々の下らない、いわれの無く鬱陶しいだけの要求・指示命令を拒否するのに、最も穏やかに、隣席を離れて不服従の意思表示しただけの話に、裏であれこれ離反工作して結局失敗しての孤立は自業自得、後期高齢者氏復活のための名刺交換作戦が裏での誹謗で止まっただけで、他は、効果はほとんどありませんでした。嘗めちゃいけません(w。 人は誰かの支配対象ではありませんから。
 某ANAとか我が某社とかの女護ヶ島で永らくお姉様たちに可愛がられた経験でもあればチョットした仕掛けも良く見えたりして過剰反応しないのですがねぇ。
面白いコンテンツを提供して一緒に楽しめる場の方に流れるのは必然であります。

ノーベル文学賞にボブ・ディラン!新鮮な驚き    <3>
ピート・シガーも一緒だともっと良かった

 ボブ・ディランのノーベル文学賞決定を聞いて音楽畑受賞に一瞬「えっ!」と思いましたが、すぐに「珍しく妥当な受賞決定」と感じました。 ベトナム侵略者側キッシンジャーや、核隠蔽不沈空母密約の佐藤栄作を選んでしまう平和賞ほどの無茶苦茶激しい振れ幅ではありませんが、文学賞もなかなかのもので、その受賞評価はあまり当てにならないものになっていました。 それが、アメリカで暗殺テロ集団KKK(=クークルックスクラン→全米ライフル協会)などの襲撃と威迫を受けながらも黒人公民権獲得運動やヴェトナム・インドシナ侵略戦争反対運動の場でそれに共感・激励するメッセージ性の強い楽曲を提供し続けたピート・シガーやボブ・ディランが受賞するのは大変妥当で喜ばしいことだと気付いたからです。国会前などで座り込んで歌う歌の供給者がノーベル文学賞だなんて痛快じゃないですか(w。 ピート・シガーが外れたのは残念!こちらは色が濃すぎましたか!
 アメリカは「自由と平等の国」などでは決して無くて、そう叫んで命懸けで闘い続けて自由と平等を確保しなければならない大変な国です。キング牧師もケネディー兄弟もリンカーンもガーフィールド、マッキンリーと総て暗殺!レーガンも暗殺未遂で、黒人差別犯罪結社KKKの流れを汲む全米ライフル協会の政治的影響力:横車で銃規制さえ出来ない野蛮な国アメリカ! ネイティヴ・アメリカンを勝手にインディアンと呼んで武力で追い出して土地を奪って植民地とし、さらに銃が法の西部劇の世界のままに白人国として建国された野蛮国をそのまま引きずって解決出来ていない中での解放闘争:黒人公民権運動やヴェトナム侵略戦争反対運動にピート・シガーとボブ・ディランの楽曲が寄り添っていました。 さらに日本のフォーク勃興の最大の震源地がボブ・ディランでしたから歌詞にまで詠み込まれている訳です!PPM(ピーター・ポール&マリー)やジョーン・バエズも続きました。
 受賞のニュースを聞いた翌日のカラオケで、受賞記念!「学生街の喫茶店」(ガロ)を歌ったのでした。歌詞に♪片隅で聴いていたボブ・ディラン♪とありまして、かっての大ヒットから弩演歌バイアスの強い場でもそれほどの抵抗なく歌える歌だからです。 ボブ・ディラン直の「風に吹かれて=Blowin' In The Wind」では歌詞が総て英語のママですから弩演歌支配の場では絶対的タブーで、しかも日本ではボブ・ディランをカバーしたPPM版やジョーン・バエズ版の方がヒットしておりオリジナルの方が難しさを増しています。 日本語版は無いものかと捜しますと、DAMカラオケで Brothers 5(杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳、因幡晃)版があることが判りましたので、初挑戦してみましょうか。以下ユーチューブ動画で♪風に吹かれて♪を聴いて下さい。
   ● 風に吹かれて@PPM https://www.youtube.com/watch?v=Ld6fAO4idaI 
   ● 風に吹かれて@日本語版 https://www.youtube.com/watch?v=F28wD9XWlIE  Brothers5(杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳、因幡晃)
   ● 風に吹かれて@ジョーン・バエズ https://www.youtube.com/watch?v=BWA62W9bVm4 
   ● 風に吹かれて@ボブディラン https://www.youtube.com/watch?v=vWwgrjjIMXA (当人)
 演歌主流の場との不適合で「風に吹かれて」を歌いかねていますと、洋盤派マドンナNが「最後にやっちゃわない?!」とけしかけてきます。 マドンナは何処でもワイルド*カードで混声もそれを補強しますから「やっちゃおうか!」と即座に乗って、聞き慣れたPPM版でエントリー、「ノーベル文学賞おめでとう!」と叫んで、二人で大いに歌って、さらに行き掛けの駄賃、Brothers 4 の「500マイルも離れて:Five Hundred Miles from Home」までも歌って帰ってきたのでした(w。そんなマドンナでも「なんでそんな歌歌うの!」と難詰された経験はあるそうで、他を一切認めない弩演歌唯一派も闘いの歌至高唯一派も異文化排除の野蛮人「タリバン」であることは変わりません。 See→♪おれたちのシルクロード♪:良い歌です!しかしそれ以外の分野をを侮蔑し否定するのは全くの筋違い。
 なお、日本語版を歌うブラザーズ5とは、フォーク・ポップス界の大御所5人!杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳、因幡晃で、杉田次郎=ジローズ♪八ヶ岳、再会、戦争を知らない子どもたち♪、 堀内孝雄♪愛しき日々、カラスの女房♪、 ばんばひろふみ=バンバン♪いちご白書をもう一度♪、 高山巌♪心凍らせて♪、 稲葉晃♪分かって下さい♪、と、よくもまぁビッグネームのグループを構成できたもので、歌ってみる価値は大いにあり、ユーチューブで聞きながらテストしてみました。 中々いい訳詞です。弩演歌系どっぷりでかなり排他的なカラオケ店でもノーベル文学賞授賞式を過ぎる辺りまでは何とか歌えるんじゃないでしょうか。5人の歌をみると、ピートシガー&ボブディランから特徴だった棘と毒が見事に抜かれて日本化したなぁ!とは思いますが、良い歌ではあります。
 しかし原曲英語のPPMカバー版を一人で歌ったら案の定「いつも空気を読まない」とイヤミを言われました(ww。♪千曲川♪や♪踊子♪での藤村を加えたことも「歌を台無しにするっ!」と叫んでいましたが、弩演歌の暑い語りよりはずっとさわやかで曲に良く合っているのですがねぇ。 伊沢八郎の♪ああ上野駅♪もお仕着せの暑苦しく長い語りより、啄木の「ふるさとの訛なつかし 停車場の人混みの中に そを聞きに行く」の方が透明な雰囲気で良く合って居そうで、×2で時間調整しても良いくらいです。 ♪はぐれコキリコ♪や、♪天城越え♪、♪いい日旅立ち西へ♪、と間に挟んで中和を図ったのですが足りずに、弩演歌唯一派からはすっかり浮いてしまって、かなりの冷却期間が必要になってしまいました。

旧制一高生川端康成は、伊豆天城峠越えの旅で、あどけない白拍子に夜伽をさせたのか?  <4>
それを美しく切り取って名作短編小説「伊豆の踊子」にまとめて国語教科書にまで掲載されたのか?

「伊豆の踊子」川端康成(1899−1972)著、新潮文庫115

  • 【高校国語教科書からの削除部分】p16L3:?かなり疑問のある措置?
      教科書を一読した違和感から原本と比較対照し削除部を発見
    「まあ!厭らしい。この子は色気づいたんだよ。あれあれ・・・・・・」と、 四十女が呆れ果てたという風に眉をひそめて手拭いを投げた。踊子はそれを拾って、窮屈そうに畳を拭いた。
     この意外な言葉で、私はふと、自分を省みた。峠の婆さんに煽り立てられた空想がぽきんと折れるのを感じた。

  • 峠の婆さんに煽り立てられた空想】p12L1:
      旅芸人一座、白拍子への一般評価と、それに沿った夜伽妄想
    「あんな者、どこで泊まるやら分かるものでございますか、旦那様。お客があればあり次第、どこにだって泊まるんでございますよ。 今夜の宿のあてなんてございますものか」
     甚だしい軽蔑を含んだ婆さんの言葉が、それならば、踊子を今夜は私の部屋に泊まらせるのだ、と思った程私を煽り立てた。
  • ・・・・・・村の入口に立て札があった。
    −−−−物乞い旅芸人村に入るべからず。p38L7

  • 【まだ子供】p20L−5:14歳の少女「薫」=踊子
     仄暗い湯殿の奥から、突然裸の女が走り出して来たかと思うと、脱衣場の突端に川岸へ飛び下りそうな恰好で立ち、両手を一ぱいに伸ばして何か叫んでいる。手拭いもない真裸だ。それが踊子だった。
    ○「あなたより一つ下、十九でしてね」→旧制一高生は20歳:p26L4
    ○「十四になる妹」→踊子は14歳:p26L8
    ○妹「薫」=踊子:p26L11

  • 三島由紀夫の評p188〜p194
    内容にあまり関係なく「処女性」異様に強調!
    東京市ヶ谷の自衛隊本部に乱入、クーデター決起を訴えた後、割腹自殺
     川端は1971年都知事選で自民党選挙カーで畑野候補応援遊説、落選
    翌1972年72歳で没(ガス自殺)
  • 温泉芸者
      客を取らされるのを何度も逃げている話
  • 雪国、 (or山の音?)
      (左右の胸を)平均にと頼め・・・・・・・片方が大きくなって困ってる話。(下記)

「雪国」川端康成著、s22/07/26新潮文庫刊H21/04/25第141刷(か−1−1)

 (p101L5〜)  黒い目を薄く開いていると見えるのは濃い睫毛を閉じ合わせたのだと、島村はもう知っていながら、やはり近々とのぞき込んでみた。
「煙草を止めて、太ったわ。」
腹の脂肪が厚くなっていた。
離れていてはとらえ難いものも、こうしてみると忽ちその親しみが還ってくる。
駒子はそっと掌を胸へやって、
「片方が大きくなったの。」

「馬鹿。その人の癖だね、一方ばかり。」
「あら。いやだわ。嘘、いやな人。」と、駒子は急に変わった。これであったと島村は思い出した。
「両方平均にって、今度からそういえ。」
「平均に?平均にって言うの?」と、駒子は柔かに顔を寄せた。


 カラオケの順番を待っている間は、時に邪魔にならない小声で雑談するのですが、そこで 旧制一高学生川端康成伊豆天城山旅行での踊子夜伽推測(日記#370#3.7)の話が出てきまして、「美しい短編小説を邪推で汚してはならない」と、やや糾弾気味。 カラオケ開店までの時間潰しに本屋に立ち寄って、中学・高校以来の懐かしの「伊豆の踊子」を発見!衝動買いしていたのですが、次に歌えるまで40分以上の時間があり、どちらに転んでも差し支え無い内容なので、ミニ・ディペードをしてみることにしました。
 元々の記事は、安倍晋三首相ら大日本帝国無謬論・歴史修正主義者たちが占領併合下の朝鮮での慰安婦は当人たちの自由意思による営業で国による拉致強制は無く大日本帝国には責任がないと主張していることへの反論で、そもそも国家管理の「慰安所」があったことの責任を問われているわけですが、 安倍晋三ら復古派が侮蔑を込めて「売春婦」と呼んでいる人たちが、自ら進んでその地位になったのか、東北地方の酷い飢饉で高利の借金に手を出させて瞬く間に返せない高額の借金に転換させ、人買い業者とつるんで身売りを迫った犯罪の結果でなかったか。 日本の庶民はそういう気の毒な境遇の人たちに同情的で、馴染みの娼妓の年季明けを待ったり借金肩代わりの身請けしたりでカミさんにするとか、普通に受け入れてました。 言うまでもなく、登楼して馴染みになっての身請けということです。 大衆芸能落語にも「郭(くるわ)もの」というジャンルがあり、ゴールデンアワーのNHKラジオで演じるなど、多数の演目が楽しまれていました。 また旅芸人など芸能関係者は身分としてはエタ・非人扱い、河原乞食とされて、白拍子が夜伽するのは普通のことだった社会環境があったはずです。 その庶民感覚と、現在「単なる売春婦」と切りつける安倍晋三ら歴史修正主義者たちの言い分とは大きく異なります。 それが儒教、キリスト教の影響下の支配階級や朝鮮では理由の如何を問わず娼婦が重大犯罪者扱いで全く救われる途のない社会状況があり、朝鮮人慰安婦を特に苦しめたのでしょう。

 そこで小説「伊豆の踊子」を眺めてみますと、旅芸人一座、踊子たちの一般的社会的評価が何ヶ所か出てきて、「村の入口に立て札があり『物乞い旅芸人村に入るべからず』」、「お客次第で何処にでも泊まる」、旧制一高学生川端康成としては「それならば、踊子を今夜は私の部屋に泊まらせるのだ、と思った」訳です(カコミ2節)。
 旧制一高学生川端康成20歳が1920年頃に伊豆の旅をして旅芸人一座と同道・同宿したら、当時の慣習・常識として夜伽をさせたのでは?お伊勢参りなど信仰の旅も帰路は羽目を外して「遊んでくる」のが常だった訳ですし。・・・・・・・
 「そういう解釈は身も蓋もない。美しい短編小説で良いではないか!名作を壊してはいけない」と重ねてきます。 ま、作品と作家人格の切り離しはそれで良いんで、小説の中味と小説家の私生活は全く一致しない例は多々有り、文士の無頼派は当たり前、永井荷風、谷崎潤一郎、・・・・・・・・と文士たちは艶聞の塊ではあり、藤村もモテまくってました(w。 「若くして亡くなったんでしょ?」というので、それは中也や一葉や金子みすゞで、堀辰雄も若死に組(47歳)、藤村(没71歳)や川端は70を越えてたはず(没72歳)。 晩年は自民党の選挙カーで遊説しまくってた。政治的には極右三島由紀夫のお仲間と言って良い人。
 まてよ!たしか三島由紀夫が「伊豆の踊子」に評論文を書いて載せていたはずと思って、入店前に衝動買いしてきた本を捜すと、異様に「処女性」ばかりを強調する推薦文が出てきて、読んで貰いますと、表情がみるみる硬化! 盾の会から自衛隊本部乱入でクーデターを煽り割腹自殺した極右三島と川端が政治的にもお仲間で、川端康成自身、自民党の選挙街宣車に乗って秦野都知事候補支援で遊説していましたから、女性を買うぐらいは当然にやっているだろう!と一変!。「三島由紀夫のお友達」これが判断変更に決定的に効きました! やはりお友達は選ばないといけませんねぇ。 日本の保守系は初代総理大臣伊藤博文からして昵懇の女性だらけでどれが本妻か良く分からない(w、後に愛人である芸者さんをファーストレディーにした人。 併載されている「温泉芸者」だって、客を取るよう迫られているのを逃げ回っている話、雪国か山の音には同衾場面で片方の胸だけ大きくなる悩みが書かれて、両方平均にしてもらえwなんて話で(右カコミ「雪国」)、やや神格化されて繰り返し映画化されている「伊豆の踊子」とはかなり趣が違います。 旧制一高学生川端康成20歳は天城峠越えの宿で、まだあどけない踊子「薫」14歳(満年齢13歳)に夜伽をさせた可能性芬々!!となった辺りで、次の歌う順番がやってきたのでした。

2016/10/31 23:55

[Page Top↑] 旧
新
戻る